※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観
  • 以前は様々な国で戦争が起こっていた。
  • この戦いに魔術師が大量に投入され、現在は全人口の1%のみとなった。
大戦中は全人口の二割が魔術師であった。
これは上記の理由とともに、魔術師の迫害、虐殺もその理由に含まれる。
  • 貨幣と言語が統一された年が統一歴元年とされる。
(キャラクターたちが学園に入学した年は562年)
  • 世界は大きく二つに分けられており、それぞれ「こちらの世界」「向こう側」と呼ばれている。
  • こちらの世界…トゥラン、ペルシ、プナイ、アタール、セドナなどの国や都市がある世界。
  • 向こう側…妖精や幻獣などの住まう世界。
以前は一繋がりの世界だったが、大戦争後切り離され、異界扱いとなった。
大戦前は「こちらの世界」にも幻獣がいたが、大戦をきっかけに全ての幻獣の類は「向こう側」へと帰って行った。

主な法律
  • 義務教育は15歳まで、成人は15歳。
  • 結婚は成人しないとできない。
 未成年でも親の同意があれば結婚できる。

主な生活文化
  • 主な移動手段は馬と乗合馬車と汽車、転送ゲート。
  • 各都市には貸し馬屋がある。(到着地で返却する)
  • 馬車は個人所有と乗合馬車の二種。
  • 料金は乗合馬車より貸し馬の方が高い。安全性は乗合馬車の方が上。
  • 死後は火葬するのが一般的。
  • 宗教はある。
  • 各都市に自警団がある。

生物大系
  • 動物は現実世界とほぼ同じ種類が存在する。
(一般的なのは犬、狼、猫、鳥など)
  • ユニコーンなどの伝説とされている動物もこの世界に存在するが、人が多いところに近いほど数が少ない。

各都市紹介
■トゥラン(星降)(首都)
  • 気候はドイツ。
  • 主都なので就職口が多い。
  • 食料は他市からの輸入に頼っている。
  • 資源がない。
  • 国営ギルドがあり、国土全体からのモンスター討伐依頼などを請け負っている。
  • ここでしか買えない魔法具の種類が多い。

■ペルシ(花舞地方)
  • 気候は日本。
  • 果樹、畑作、酪農、花栽培など、農業が盛ん。
  • 国内で最大の湖がある。
  • 養蚕も多く、織物業も盛ん。
  • 花舞産の糸で作った布は一級品として売られる。

■プナイ(楽音地方)
  • 技術者が多い。
  • 劇場、歓楽街が多い。
  • 低い木や荒れ地が多く、羊飼いが多い。
  • 気候はブルガリア。
  • 都市全てが城壁に囲まれており、ドーム状になっている。
  • 魔法具を使用した気球がある。
  • 花舞から輸入した糸を使った織物業をやっている。

■アタール(砂漠地方)
  • 気候はエジプト。
  • オアシスがある。
  • 馬ではなく、ラクダで移動する。
  • 富裕層向けの観光リゾート地。
  • 砂漠と荒野ばかりの土地。
  • 国内に点在するオアシスが都市となっている。首都は最も規模の大きいオアシス。
  • ジプシーがいる。

■セドナ(白雪地方)
  • 気候はロシア。
  • 魔法の森がモンスターの出現頻度が高い。
  • 広さはあるが、人の住めない場所が多く、その分他の土地では見られないモンスターが多い。
  • 気候が厳しいため、人が入っていけない土地が多い。
  • 汽車が一本しか通っていない。
  • 都市が一つの建物に全部入っており、その中で住民たちは暮らしている。
  • 国内最高の山があり、登山に訪れる者もいる。
  • 他の都市に比べて、軍備がしっかりしている。

創作ガイドライン
【OK】
文学、音楽、童話、神話などの現実の世界と同じ名称の使用。
【NG】
クトゥルー神話の使用。