※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「魔法設定」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

魔法設定」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 &bold(){魔術師の種類} 
 ・白魔術師…回復、防御、補助魔法に特化した魔術師。
 ・黒魔術師…攻撃に特化した魔術師。
 ・占星術師…隕石魔法を使う魔術師。 全呪文中攻撃力最大の隕石魔法を使えるが、それ以外の魔法は使えない。
 ・錬金術師…魔法の威力を武器に充填し、その武器で戦う魔術師。
 ・予言魔術師…自分の言った事を現実にしてしまう魔術師。
 ・時空魔術師…時空魔法に特化した魔術師。
 ・召喚術師…異世界の住人を召喚する魔術師。
 ・言葉魔術師…言霊を操る魔術師。
+※魔法に関しては[[資料庫]]参照
 
 
 ・魔法に使用する力の事は「魔力」と呼ばれる。
 ・魔力量には個人差がある。
 ・魔力の総量には生まれついた差があり、増減することはない。
 ・属性を判定する方法は、特殊な水を注いだ聖杯を持ち水の色の変化で判断する。
 ・魔術師は突然変異によって生まれ、その存在は稀有。
 ・魔術師の定義は上記いずれかの魔法が使えること。
 ・遺伝的な要素、外部的な原因はなく、必ず先天性である。
 ・生まれた時から魔法が使える魔術師も存在する。
 ・ほとんどの場合、五歳前後で魔法を使う事ができ、魔術師と判明する。
 ・召喚術師によって呼び出された生物は出現後一定期間が過ぎると自動的に元いた世界に戻る。(そうでない場合もある)