出場選手(UFC)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HEAVYWEIGHT


ANTONIO NOGUEIRA
柔術マジシャン、PRIDEヘビー級王者

STEFAN STRUVE
摩天楼。リーチを活かした打撃と寝技が得意

TRAVIS BROWNE
無敗、打撃メインの選手

JUNIOR DOS SANTOS
現UFCヘビー級王者 すさまじいボクシングテクニックで圧倒的な強さを誇る

BEN ROTHWELL
レスリングが得意。ベテラン選手 

GABRIEL GONZAGA
寝技がうまい。ミルコをハイキックで沈めるなど、かなりの実力があるが、最近は新しい波に飲まれ気味

MIRKO CROCOP
日本でもお馴染みのスター。K-1出身、左ハイキックが一番の武器。余談だが、ミルコが出場したPRIDEの母国クロアチアでの最高視聴率は70%

CAIN VELASQUEZ
レスナーのタックルをいとも簡単に防ぐレスリングテクニックがある。打撃も強く、王座陥落のドスサントスの試合まで無敗

ROY NELSON
強いデブ。TUFシーズン10ヘビー級優勝者。柔術黒帯に加え脅威のタフさを誇る。Facebookで10万いいねを獲得したらライトヘビーに行くとか行かないとか

CHEICK KONGO
ベテラン選手。何でも出来るフランス人ファイター。ちなみに外見からはフランスの雰囲気は1ミリも伝わってこない 

SHANE CARWIN
豪腕。タイトルマッチでレスナーをKO寸前まで追いつめるもスタミナ切れで一本負け。それまでの試合は全て1RKOというアグレッシブな選手

FRANK MIR
柔術黒帯。ノゲイラをKO、さらに一本も取れる実力者である

BRENDAN SCHAUB
TUFシーズン10ヘビー級準優勝者、ミルコをKOしてる

BROCK LESNAR
元WWE王者。脅威のフィジカルを活かしたスピアータックルなどが得意。大手術からの復帰戦でアリスター・オーフレイムと対戦、敗北し引退を表明。

PAT BARRY
ストライキングスキルが高く、K-1にも参戦経験のあるアグレッシブなファイター

SEAN MCCORKLE
ハントに勝ったことがあるサブミッションが得意なファイター

LIGHT HEAVYWEIGHT


JON JONES
現UFCライトヘビー級王者。能力値が最も高く、スピニングエルボー等、特徴的な打撃をする。ライトヘビーでありながら収録選手中最長リーチを誇る。ほぼ過失の反則による負けしかなく、実質無敗のようなもの。

LYOTO MACHIDA
日本とブラジルのハーフ。独特の間合いからの打撃が得意。チャンピオン経験あり

RICH FRANKLIN
ACEこと、リッチ・フランクリン。チャンピオン経験あり。

RYAN BADER
高いレスリング技術を持つ。TUFシーズン8ライトヘビー級トーナメント優勝者。

MATT HAMILL
レスラー。生まれつき聴覚障害をもつ。

QUINTON JACKSON
PRIDEで桜庭和志にパワーボムを喰らわせたり、ボブチャンチンを投げ飛ばすなど、かなりのパワーがある。チャンピオン経験あり

VLADIMIR MATYUSHENKO
風格のある選手。レスリング&パウンドが得意なレスラー。日本のファンからはマティ師匠と呼ばれる

CHUCK LIDDELL
The ICEMANの愛称で知られるストライカー。殿堂入りもしており大人気の選手、右のオーバーフックが強力。チャンピオン経験あり

ANTONIO ROGERIO NOGUEIRA
ヘビー級のホドリゴ・ノゲイラの弟。BJJに加え、ボクシングスキルも高い

CYRILLE DIABATE
日本のSBやPRIDEに参戦経験のあるフランス人ファイター。ストライキングスキルが高い

FORREST GRIFFIN
元警官という経歴があり、TUFシーズン1優勝者、いい試合をする選手。チャンピオン経験あり

RASHAD EVANS
レスリングメインだがトータル的にも強い。TUFシーズン2優勝者。リョートに敗れるまでは無敗であった。チャンピオン経験あり

BRANDON VERA
ムエタイがベースの元WECヘビー級王者。最近は戦績が良くない

THIAGO SILVA
UFCプロフィールでの顔写真が怖い。ストライカーだが寝技もできるオールラウンダー

MAURICIO RUA
日本でもお馴染み踏み付け大将軍。弟はムニーロ・ニンジャ。チャンピオン経験あり

TITO ORTIZ
UFC初期からの人気者。グラウンド&パウンドが得意

JASON BRILLZ
レスリングがベースの選手。最近はUFCをリリースされてしまった

PHIL DAVIS
4度のオールアメリカンに輝いた実績を持つ。エヴァンスに負けるまでは無敗であった

MIDDLEWEIGHT


YUSHIN OKAMI
Thunderの愛称がある日本人ファイター、岡見勇信。UFCで最も活躍している日本人ファイターの一人である。グラウンド&パウンドが得意

MICHAEL BISPING
その容姿と強さから、母国イギリスではかなりの人気を誇る選手。TUFシーズン3優勝者

KENDALL GROVE
柔術、打撃ができるオールラウンダー。TUFシーズン3優勝者

COURT MCGEE
TUFシーズン11優勝。ボクシングとレスリングが強い。髭が特徴的

CHRIS LEBEN
赤髪と入れ墨ヶ特徴的。打たれ強く、技術を無視した熱いファイトをよくする

BRIAN STANN
元WECライトヘビー級王者。打撃が得意

ALAN BELCHER
打撃や柔術もできるファイター。若干ストライカーより

CHAEL SONNEN
トラッシュトーカー。ぎりぎり発言が多い。通称 ソネンさん。テイクダウン能力が高く、岡見が慕ってる

ANDERSON SILVA
UFCミドル級絶対王者、通称 アンデウソンさん。長い手足からThe Spiderの異名がついた

WANDERLEI SILVA
PRIDEミドル級の絶対王者。旋律の膝小僧。余談だが最近、整形をした

JORGE RIVERA
遅咲き、顔が怖い

YOSHIHIRO AKIYAMA
通称 セクシー山、ヌル山。リング上でローションプレイをするエンターテイナー。UFC日本大会でのファイトを最後に引退すると言っていたが、負けたのでやめた

DEMIAN MAIA
通称 柔術セレブ。マーコートに負ける前は無敗で、ソネンさんを極めたことがある

ROUSIMAR PALHARES
ガチムチ足関節選手。通称 トキーニョ 

VITOR BELFORT
ブラジル人ハードパンチャー。元UFCライトヘビー級王者。初期のUFCからいる。アンデウソンさんに戦慄の前蹴りを喰らい見事に本ソフトのタイトル画面にされた。PRIDEでも活躍し、腕に『GOD』のタトゥーが入っている 

MARK MUNOZ
レスリングが強い、日本生まれのフィリピン系アメリカ人。

JASON MILLER
日本でもお馴染み。ドリームでは試合中おちゃらける。柔術黒帯。

NATE MARQUARDT
日本ではパンクラスに参戦経験がある。わりとなんでも出来る選手

WELTERWEIGHT


JOSH KOSCHECK
レスリングがベースの強豪。打撃も鋭い

MATT SERRA
柔術が得意な短身ファイター。TUFシーズン4優勝者になり、UFC 69でGSPとウェルター級タイトルマッチに挑み、GSPを打撃でボコボコにしてTKO勝ち、大番狂わせを演じた

GEORGES ST. PIERRE
GSPこと、ジョルジュ・サンピエール。異常なレスリングスキルとダナ社長に『MMAの歴史を10年早めた』と言わしめるほどの実力がある。塩ではあるが、イケメンであり、日本武道を尊敬している

BJ PENN
元UFCウェルター級、ライト級王者であり、相手を流血に追い込んだり、高いサブミッションスキルを持っている天才。

JAKE SHIELDS
元Strikeforceミドル級王者。レスリングと柔術がベースで、やや塩。打撃は苦手である

MARTIN KAMPMANN
ムエタイのデンマーク国内王者にもなったことのあるファイター。打撃やサブミッションもできるオールラウンダーである

NICK DIAZ
日本では兄貴と呼ばれ、愛され続けている元Strikeforceウェルター級王者。ヘタウマボクシングとシーザー仕込みの柔術が得意である

CHRIS LYTLE
日本のパンクラスに参戦経験があるアグレッシブなファイター。UFC on Versus 5のメインでは引退を表明している

DONG-HYUN KIM
日本のDEEPに参戦経験のあるコリアンファイター。寝技もできるが、二段蹴りなどもできる

JON FITCH
日本のX-1に参戦経験がある塩ファイター。ファイトスタイルのせいか強いのに優遇されていないNO.2

CARLOS CONDIT
日本のパンクラスに参戦経験のある元WECウェルター級王者・現UFCウェルター級暫定王者。野性的な打撃と寝技が魅力で、バックブローや飛び膝蹴りなども繰り出すアグレッシブなファイター

THIAGO ALVES
打撃がベースの強豪。最近は勢いがないので頑張ってほしい選手

MIKE SWICK
TUFシーズン1に出場経験あり。アグレッシブなファイターであるが、最近はパッとしない

DIEGO SANCHEZ
イケメンで超アグレッシブなファイター。コスチェックに敗れるまでは無敗であった

DAN HARDY
The Outlawの異名がある。その異名通り、挑発的な言動や行動が多い、赤いモヒカンがトレードマーク

MATT HUGHES
殿堂入りファイター。チャンピオンの経験がある。得意技はマット・ヒューズポジション

PAULO THIAGO
ブラジルの警察特殊部隊に所属し、柔術がベースである。なんとあのコスチェックをアッパーでKOする実力をもっている。目つきが悪い

LIGHTWEIGHT


GRAY MAYNARD
レスリングがベースでタイトルコンテンダーだが、塩である。

FRANKIE EDGAR
BJペンを圧倒するほどのレスリング力をもっている。元UFCライト級王者。

BEN HENDERSON
元WECライト級王者・現UFCライト級王者。韓国系アメリカ人で、テコンドーの技やギロチンが得意

MELVIN GUILLARD
打撃が得意なストライカーだが、ガードが下がるときもあり、寝技も弱い

ANTHONY PETTIS
元WECライト級王者、柔術やテコンドー仕込みの蹴りが得意。WEC最終興行のベンヘン戦でのあの三角蹴りは忘れられない。

EVAN DUNHAM
オールラウンダー。最近は勝ち星を上げ続けている

ROSS PEARSON
TUFシーズン9 USA vs. UKライト級優勝者。MMAデビューするまでは、レンガ職人だった

CLAY GUIDA
超アグレッシブな選手で、長髪が特徴的。フエルタ戦、サンチェス戦、ベンヘン戦は、負けこそしたものの、燃える試合だった

DENNIS SIVER
ロシア人ファイター。得意技はバックスピンキック

JOE STEVENSON
寝技がアグレッシブな北岡に似てるといわれるファイター。得意技はギロチン

DONALD CERRONE
ニックネームはカウボーイ。日本のCAGE FORCEにも参戦経験があるサブミッションが得意なファイター

G. SOTIROPOULOUS
寝技が得意なアグレッシブなファイターで、UFCで連勝を飾った。しかし、2011年にはシヴァーに負けてしまう

JIM MILLER
ミドル級で活躍してるダン・ミラーの弟。柔術が得意で、ベンヘンに敗れるまでは次期挑戦者候補と扱われた

NATE DIAZ
ウェルター級で活躍してるニック・ディアスの実弟。柔術が得意で、兄同様、スロースターターである

SEAN SHERK
日本のファンからはシャークさんと呼ばれ愛されている。試合は塩だが、強靭的な肉体とボクシングテクニック、レスリング力を持つ

TAKANORI GOMI
日本でお馴染みの火の玉ボーイ。光岡に勝てたのはなによりである

FEATHERWEIGHT


CUB SWANSON
柔術とレスリングがベース。日沖を辛勝させたループに完勝している

MARK HOMINICK
キックボクシングがベースのストライカー。アルドとの試合はまさに死闘だったがチャンソン戦は・・・

JAVIER VAZQUEZ
積極的に関節技を繰り出すところからショータイムのニックネームを持つ。レスリング、ブラジリアン柔術、ノーギ柔術の融合させた技術を駆使する

KENNY FLORIAN
ミドル級→ウエルター級→ライト級→フェザー級と、どんどん階級を下げているファイター。得意技は肘。タイトル戦にめっぽう弱い

DIEGO NUNES
打撃が得意である。ニックネームはザ・ガン

CHAD MENDES
大学時代にオールアメリカンに2度輝いた実績をもつUFCフェザー級イケメンNo.2。得意のレスリングで小見川やヤヒーラを圧倒した

FREDSON PAIXAO
ブラジリアン柔術黒帯であり、黒帯ペナ級ムンジアル2連覇、ブラジレイロ4連覇という実績をもつ。UFCではガーザに飛び膝蹴りでボコボコにされ、MMA最後の試合となった

GEORGE ROOP
UFC(WEC戦績を含む)戦績はかなり悪い長身ファイター。だが、チャンソンやグリスピに勝った実力はまだ残っているはず

MIKE BROWN
元WECフェザー級王者。レスリングがベース。DEEPで今成と対戦経験あり。WECではフェイバーに勝利し、WECフェザー級王者に輝いたが、今はその勢いがなくなってきた?

TIEQUAN ZHANG
UFCでは珍しい中国人ファイター。ベースは散打、ブラジリアン柔術である。得意技はギロチン。正直、UFC向けではない

ERIK KOCH
期待の若手。ブルッキンズ戦は微妙な試合だったが、まだ若いので頑張ってほしい

RAPHAEL ASSUNCAO
小柄な体格ながらブラジリアン柔術仕込みの高いグラウンド能力を持ち、トリッキーな動きで相手を翻弄する。パウンドも主武器のひとつ

JOSE ALDO
現UFCフェザー級王者。そのストライキングスキルは世界トップクラス

JOSH GRISPI
WECではホーミニックやパルヴァー、デイヴィスに勝利。UFCに移籍してからはポイエーに判定負けし、ループにKO負けなど不運な日々が続く。まだ若いので頑張ってほしい

MANVEL GAMBURYAN
小柄だがパンチ、柔道が得意。最近の戦績は良くないが、ブラウンに勝っているので強いとも言える。UFCをリリースされたカロ・パリジャンとは従兄弟である

LEONARD GARCIA
アグレッシブなファイター。基本、柔術がベースなのだが、試合では大振りパンチで相手をボコボコにする。スタミナが難。最近の戦績は良くない

BANTAMWEIGHT


CHARLIE VALENCIA
かなり小柄だが、試合運びが上手く、レスリングで相手を圧倒する。

RENAN BARAO
ベースは柔術。打撃もでき、ヨルゲンセンを終始、打撃で圧倒したことがある

TAKEYA MIZUGAKI
打撃が得意で、日本のCAGE FORCE、修斗などで活躍してきた

DEMITRIOUS JOHNSON
レスリングがベースで、今はフライ級で活躍している

ANTONIO BANUELOS
チャック・リデルと同門。得意技はレスリングとハンドスピードのあるパンチ。今はUFCをリリースされ、DREAMを主戦場にした

NORIFUMI YAMAMOTO
ご存じ「神の子」、UFCに行ってからは一勝もしていない。フライ級が建てられた今、チャンスではないのか!?

MIGUEL TORRES
元WECバンタム級王者。ベテラン戦績を誇り、アグレッシブなファイトで相手を翻弄するが、ボウルズに敗れてからは、当時の勢いがなくなっている

EDDIE WINELAND
元WECバンタム級王者。今はパッとしない

JOSEPH BENAVIDEZ
DREAMに参戦経験がある。得意技はギロチン。今はフライ級に落として活躍している

CHRIS CARIASO
ムエタイがベースのストライカー。UFC 130のマクドナルド戦が印象的である

BRAD PICKETT
イギリス、MMAのブラピ。所とも対戦経験があり一本負けしている。WECと契約し、ジョンソンやメンジバーを撃破するもバラオンに極められる

DAMACIO PAGE
アグレッシブなファイター。日本ではSBに参戦。そして、Dynamiteで総合格闘技 全米王者というキャッチフレーズとジャクソン・ページというリングネームで須藤と対戦経験あり

BRIAN BOWLES
元WECバンタム級王者。WECでは、トーレスと対戦し、王者へと輝いた。今でもペプシコーラの販売員の仕事を続けている。得意技はギロチン

DOMINICK CRUZ
現UFCバンタム級王者。強靭的なスタミナと、オーソドックスとサウスポーにスイッチさせながら、上下左右の攻撃を巧みに打ち分けるファイトスタイルを有する。ニックネームは支配者の意味を持つドミネイター

URIJAH FABER
ニックネームはカリフォルニア・キッド。地元・カリフォルニアでは人気を誇る。長髪(ドレッド、坊主)の金髪が特徴で、チョーク系が得意

SCOTT JORGENSEN
レスリングがベース。尋常性白斑に罹患している。2011年、彼のTwitterで自身が日本人と白人のハーフだと明かした

コメント欄

  • ショーグンがニンジャの弟じゃないの -- 名無しさん (2016-12-24 07:52:51)
お名前
コメント
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。