用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発のための用語集。

リンク:伺かシステム用語集

伺か

  • この「デスクトップアクセサリ作成システム」の総称。
  • うかがか。
  • 変な名前だが検索しやすい。
  • いくつかの旧称・別称がある。「何か」「何か。(仮)」「任意」「あれ以外の何か」他。

ゴーストマスタ

  • ゴーストを作ってる人。
  • シェルマスタとはあまり言わないようだ。
  • 同義:ゴーストベンダ
  • 最近はデベロパとして一括りにする傾向もある。

本体(ベースウェア)

  • 伺かシステムの中心部。全てのNAMED(ゴースト)を管理する。
  • 本体、またはベースウェアと呼ばれる。
  • 主な役割は「イベント発生の通知」「さくらスクリプトの実行」「シェル、バルーン、メニューの表示」といったところ。
  • 現在存在する実装系についてはベースウェアを参照。

NAMED

  • プログラムをコントロールするゴーストと画面に表示されるシェルを含めたものに使われる。しかし、単純にゴーストといわれることのほうが多い。

ゴースト

  • 狭義では、ghostフォルダ。つまりNAMEDをプログラム的にコントロールする部分を示す。
  • 広義では、シェルを含めたNAMED
  • ほとんどの場合広義の意で用いられる。狭義の使用例ではそのまま「ghostフォルダ」または「ゴースト部」などとして区別する。

シェル

  • ゴーストの見た目の部分。ゴーストマスタ=シェルマスタな場合とそうでない場合がある。
  • フリーシェルという物もある。便利。
  • マスターシェル(ゴーストの元の姿)を変更する追加シェルという物もある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。