06 > 26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社会的合意形成の手法 2012年6月27日

1.情報開示システムについて(田川案)

ツール:シラバス、OCW、学内向け冊子、ガイダンス
①内部 学内の学生向けに情報発信
②外部 学外に対してアピール
③つなぐ 先生‐生徒間、アンケートを回収してカリキュラムに反映

情報開示システムの媒体

①ネット(OCW,OCW-i)
②冊子
③掲示、パネル類
④アンケート
  • 全科目同じアンケートになっているのを改善する
  • マーク式のみなので学生の生の声が消えてしまっている。⇒文章つきのアンケートに
  • 先生がアンケートを読むのを義務化

ガイダンス

  • シラバス作る人が行う
  • 冊子作成

2.次回に向けて

今までの議事録を整理し、今までの議論を1つにまとめる。次回は分担を決めて、グループごとに発表する内容を決めていく。