05 > 02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012/05/02 花チーム議事録

1.議論の要点

教養とはどう定義されるのか

2.グループディスカッション内の議事録

(ア)参加者、及び今回の担当者

ファシリテイター…池田
進藤、島田、桂木、鈴木、田川
.記録…中村

(イ)役割の決定方法に関して

?会の始まる前に、ファシリテイター、記録係をじゃんけんによって決定する。全員がすべての役割を最低1回は担うようにする。

(ウ)教養の定義付け

①経験を通して得られる教養
社会性、人間性、他社に対する尊敬などは、実際に様々な経験を積むことによって得られる教養である。(進)
異性との関わりの中で得られる教養がある(進)

②学術的な意味での教養
これまで文系教育で中心となってきた部分。
学科の専門科目で得られるような知識ではなく、より一般的な知識について考える必要がある。(田)
学術的知識とその外にある教養との境界線は曖昧である。(島)
例…知識としての倫理学を学ぶことで身につく倫理観は、学術的知識の外にある教養である。

③教養としての能力
知識や経験を活かすには能力が必要(島)
能力は先天的なものと後天的なものに分類される(中)

まとめ
教養は、「知識」「経験」「能力」の3つに分けられる。
ただし、これらの要素は独立しているわけではなく、関連性がある。


④教養と教養教育のズレ
教養と教養教育の間にズレがあるのではないか(田)
我々が求めている教養とのズレもある(進)

⑤教養を広げる方法
知識以外の教養を身に付けるにはどうしたらいいか。
自己分析を通して自分に必要な教養を考え、それを得るための方法論を学ぶ必要がある(鈴)
→メタ教養?

⑥授業というシステムの限界
  • 授業で出来ることはどこまでか?
  • 授業内だけでは限界がある(中)

⑦大学と義務教育(高校を含む)の違いについて
  • 大学は自由度が高い
  • 義務教育が強制的なのに対して、大学はある程度選択の自由がある
→より学術的知識を深めたいというニーズにも応えるべき(鈴)

まとめ
授業として出来ることには限界があるので、扱う内容や質には制約がある。
→必要な教養すべてを授業で身に付けることは出来ない
→メタ教養のようなものに力を入れるべきではないか


3** 次回に向けて
(ア)教養を構成する「知識」「経験」「能力」は、どのような関係があるのか
→横のつながりがあるのか、縦のつながりなのか
(イ)(ア)の結果をもとにして、授業として何をどこまで身に付けることを目標とするのか