NPC&組織


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

混沌原理(カオスストリング)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この卓オリジナルの魔剣(?)
通常時は腕輪の形をしており、装備した者が思い浮かべた武器へ瞬時に変化する
この武器から作り出される装備は通常の武器より威力が5高くなりランク効果が
適用されない。
腕輪はぴったりと腕にくっついており、外すことはできない。
無理やり外そうと試みた場合目標値20の冒険者レベル+筋力Bの判定を行い
成功した場合、腕輪を外すことができるが、装備していた者は即座に死亡する。

変化可能な武器は知名度がない武器、もしくは冒険者レベル+知力で判定を行い
知名度以上の達成値を出したことがある武器。

冒険者レベル3で《武器習熟Ⅰ:特殊》冒険者レベル7で《武器習熟Ⅱ:特殊》
を取得可能。追加ダメージボーナスはほかの武器習熟と同様に適応される。
また、ⅠではAランク武器への変化が、ⅡではSランク武器への変化が可能に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


盗賊ギルド<黄昏の灯>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラクシア全域に出没する悪名高き盗賊ギルド。
各地に小さな拠点があるらしいのだが詳細は不明。
行う悪事はギルドの名前とかけ離れており窃盗や殺人など
ありとあらゆる悪に手を染めた冷徹な犯罪集団。
メンバーには魔人を従えるものもいるという噂があり
他の盗賊ギルドからも畏怖と嫌悪の目で見られている。
しかしその実態は本拠地をはじめ、リーダーの名前でさえ
大半のメンバーは知らないという謎に包まれた組織。

組織に入りたいと思っているとどこからともなくフードの男が現れ
メンバーの証であるバッジを渡しに来るという。
形は500円玉くらいの大きさの盾を模ったものの真ん中に人魂のようなものが描かれている
そのためメンバーはラクシア全土にわたり数千にもなると言われており
末端になるとチンピラのような連中も多く所属しているらしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ルキスラ帝国遺跡調査部隊━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一個小隊ほどで構成された小さな部隊で、ルキスラ近辺にて発見された遺跡の調査などを目的としている。
といっても頻繁に遺跡が発見されることなどなく、もっぱら他部隊の手伝いを行っている。
隊長のエリクが騎士団長と交流があるらしく、そちらから仕事を振られる事もある模様。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━