ちんねんGMのドキドキ冒険記Session1-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM   :ではその後の野営で全快で構いません、翌日に無事村に着きました。

エル   :無事じゃなかったよーな…(笑)

サラ   :「村長さんに話聞きに行く?」

ルインス :「まあ話聞かないことにはな」

ネリネ  :「行こう。詳細をききたいね」

GM   :では村長からは以下の内容を聞くことができます
      ・森の中でコボルド種とゴブリン種たちが何かを探すようにうろついている
      ・ゴブリンたちが探しているものは不明
      ・根城なども不明
      ・村のはずれが一回だけ襲われた事がある

サラ   :「シャーマンいるってマスター言ってたよね?」

ネリネ  :「言ってたよね。村長はなにか知ってますか?」

村長   :「シャーマン…?」

エル   :「シャーマンがいるから僕たちが来たはずだったんですが」

ルインス :「紛れてて見えなかったんじゃねぇの?あいつら見た目似たり寄ったりだし」

村長   :「うーむ、よくわからんが一体だけなにやら派手な装飾をつけた奴がいたと聞いている」

エル   :さて、どうします?

ルインス :襲われた場所に足あととか残ってるんじゃないの?

ルインス :ソレを調べて追いかければいいんじゃないか

エル   :それで行こう

ルインス :「手早く行くぞ。村内の襲撃された場所からゴブリン達の痕跡を辿って追跡する、良いか?」

サラ   :「居場所分からないと私に出来ることはないの。ルインスに任せる」

エル   :「そうだね、それがよさそうだ」

ルインス :探索判定(コロコロ…)17

GM   :それでは明らかに蛮族のものと見られる足跡が東の森に続いているのを発見しました。

ルインス :じゃ、足あと追跡(コロコロ…)11 あぶね

ネリネ  :(コロコロ…)あ、14だった。

ルインス :「さすが俺…ぬかりない…!」

GM   :では森に進んでいる足あとを辿っていきますね

GM   :では全員探索判定を振ってもらってもいいですか?

サラ   :ん?全員?

GM   :ちょっとその結果で今後の展開を決めますので

サラ   :了解ー

PL4人 :(コロコロコロコロコロコロコロコロ…)

GM   :はい、もう一回お願いします

PL4人 :黙々とダイスを振る

GM   :えっともう一回ですね

PL4人 :(コロコロコロコロコロコロコロコロ…)

GM   :はい、では蛮族の集団を発見いたしました

GM   :森の中の遺跡のようなところに入っていくようですね

ネリネ  :なんだろう

エル   :GM、数はどれくらいですか?

GM   :6体ですね

エル   :6…多い…

サラ   :魔物知識してもいい?

GM   :どうぞ、5体は同じようなやつでそのうち3体がガンのようなものを持っています、1体だけ見た目が全然違いますね

ネリネ  :一体だけ違うのがゴブリンシャーマンですね

エル   :ガン持ってるのはコボルドシューターかな

サラ   :似たようなのは普通のコボルドだね
      ※全部弱点抜き、4人が計12回振ったとはいえ6ゾロが2回も出るとは

サラ   :「あれ?普通のゴブリンいない?」

エル   :「結構数が多いですね・・・」

ルインス :「話が違うな…確かにゴブリンがいない、どこだ?」

サラ   :「ちょっと遠いけど仕掛けられない距離じゃない、先制攻撃しよう」

エル   :「戦闘はいいんだけど後ろからゴブリンに襲われて挟撃されたらまずいよ…」

ルインス :「ここまで足跡が分かれていないから多分ゴブリンは先行してるんだと思う」

ルインス :「合流される前に叩くならすぐに仕掛けたほうが良いだろうな。リスクもあるけど俺はこっちのが良い」

サラ   :「エルのスパークであの犬は殺れると思うからルインスとネリネでジャラジャラしたやつを落とせると思う」

サラ   :「私もバニッシュで援護するし」

ネリネ  :え?

サラ   :だってPCは知らないしー偶然、たまたま、乱戦形成前に範囲外にいるときに撃つだけだしー(笑)

エル   :「よし、よし、いくよ!」

ルインス :「やっちまえやっちまえ」

ネリネ  :「一気に一気に」

サラ   :「エル、お願い」


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


GM   :先制は無条件でPL側からでいいです

エル   :「くらえっ!スパーク!」(コロコロ…)

エル   :13,13,12,13,10…一体残ったか

ルインス :「魔法ってのは便利だな…ま、俺は剣振ってるほうが性に合うけど」

エル   :「まぁ魔力がなくなったら木偶の坊ですけどね」

サラ   :移動してもハンドアックス届かないなぁ…やっぱり20m射程の投擲武器持つべきだったかな

サラ   :「神速の構え!シーン様!悪しき蛮族に追放の証を!」バニッシュ宣言

サラ   :(コロコロ…)コボルドだけ掛かってるバニッシュ表は(コロコロ…)恐怖により命中回避などに-1のペナルティ

ルインス :全力で行ってもコボルドに止められるな…通常移動で前進して行動終了

ネリネ  :同じく

GM   :ではゴブリンシャーマンはコボルドに指示を出して遺跡へと逃げていきます

シャーマン:「チッ!コボルド、あの腐れ人族共を足止めしろ!」

ルインス :「一呼吸じゃ届かんな…逃したか」

GM   :残されたコボルドは投降します

エル   :「この子も街道で倒れてた子みたいに強いられているのかな?」

ネリネ  :「助けてみる?」

コボルド :「あ、あの、逆らうつもりはないんです、助けてください!」

ルインス :「さあね。抵抗するなら痛い目見るけど、どうすんのお前?」

サラ   :「安心するといい、痛みは無いよ」っとダガーを(ry

コボルド :「助けてください、なんでもしますから!」

ネリネ  :「ん?今」

エル   :「はい、サラはあっちに行ってようね」

サラ   :「あ、ちょっとエル~」

ルインス :「無抵抗の奴は斬らないよ、見逃してやる」

ルインス :「あ、でも有り金全部おいてって」

ネリネ  :「魔剣持ってないの?」

GM   :持ってねーよ!

コボルド :「ありがとうございます、この120ガメルを渡しますのでどうか」

GM   :っと有り金を差し出します


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


GM   :さて、そうしていると遺跡の中から蛮族の悲鳴が聞こえてきます、それと銃撃音

ルインス :「俺のバッソの5分の1如きのガメルで見逃してやるんだからありがたく思えよな!…ってなんだ今の声?」

エル   :「銃声…?さっき中に入っていったシャーマンとは別に何かいるのかな?」

ネリネ  :「なんの音?」

サラ   :「いってみる?」

GM   :20秒ほどで音がしなくなりました

ルインス :「…不安だけど、行かない事には始まらないな。気をつけて行くぞ」

GM   :では遺跡への階段を降りて行くと扉があります

サラ   :「扉?ルインス任せた」

ルインス :「俺は犠牲になったのだ・・・犠牲の犠牲にな・・・」

ルインス :あけます

エル   :「ほら、ルインス頑張って」




GM   :では扉を開けるとゴブリンやゴブリンシャーマンが原型を留めぬほどになっています

ネリネ  :「これゴブシャ?」

GM   :そして部屋の反対側には魔法生物が2体います

サラ   :蛮族じゃないのかー 魔物知識振るね

エル   :ガーゴイルと

サラ   :ドゥームだね…やっぱり来たよ…

エル   :ドゥームの弱点は抜いたけどガーゴイルは抜けてないね

ルインス :「見とれてんなよ、やばそうな奴らがいる!」

GM   :先制判定どうぞ、あとドゥームは対人兵器を使用済みです

GM   :尚、部屋の両脇にある扉からそれぞれ物音が聞こえています

サラ   :…増援がそのうち来る…と

GM   :その通りです

サラ   :(コロコロ…)15!余裕で抜いたよ!

エル   :「よし、先制攻撃を仕掛けるよ!」

エル   :全体ににスパーク(コロコロ…)15!

GM   :ボスだから振るよー(コロコロ…)16!

GM   :ガーゴイルの方は抵抗出来なかったね。ドゥームは抵抗

エル   :ダメージは(コロコロ…)ガーゴイルに11 ドゥームには弱点入れて8づつ

サラ   :「私の獲物いなくなちゃった…」

サラ   :仕方ないので神速の構え宣言からフィールドプロテクションかけます(コロコロ…)成功

ネリネ  :よーし、キャッツアイマッスルベアー使ってガーゴイルに3回攻撃(コロコロコロ…)11、12、6ゾロ!

GM   :えーっと(コロコロコロ…)15、14、10だね

ネリネ  :え!?

サラ   :最後の一発だけだね…

ネリネ  :えー…ダメージは8点

ルインス :ガーゴイルに接敵してマッスルベアービートルスキン、全力攻撃(コロコロ…)13

GM   :(コロコロ…)13で避けた

ルインス :はぁ!?

GM   :エネミーターンで

GM   :まずはガーゴイルの攻撃、ネリネに(コロコロ…)15

ネリネ  :当たらなければ…(コロコロ…)14、当たりました…

ネリネ  :ダメージは…(コロコロ…)15点…12点くらいました

エル   :「ネリネさん!?大丈夫ですか?」

ネリネ  :「だ、大丈夫です」

サラ   :「か、回復しないと!」

ルインス :「ほんとにガーゴイルかこいつ・・・」

GM   :ドゥームの主砲はルインスに射撃

ルインス :(コロコロ…)ピンゾロ…変転する

GM   :了解です、エネミーターンの終了時に魔法生物が乱入してきます

サラ   :魔物知識~(コロコロ…)

エル   :「グルガーンだね…タフなやつだよ」

ルインス :こいつHP42もあるの?

サラ   :その上防護点4点…

GM   :反対側も残ってますからねー



1ターン目終了

PC側
ルインス :HP28/28 MP12/18 マッスルベアー(2)、ビートルスキン(2)、フィールドプロテクション
ネリネ  :HP19/31 MP13/19 マッスルベアー(2)、キャッツアイ(2)、フィールドプロテクション
エル   :HP18/18 MP17/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP26/26 MP25/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:16ダメージ
ドゥーム主砲:8点
機銃:8点
グルガーンA:無傷


サラ   :「ネリネ、今回復するね。シーン様!」

サラ   :キュア・ウーンズ行使で(コロコロ…)成功、(コロコロ…)12点回復です

エル   :出し惜しみしてられないね

エル   :補助動作でガーゴイルにパラミスA投げてドゥームにスパーク!

エル   :(コロコロ…)抵抗抜けないけど9点ダメージ!

ルインス :ガーゴイルはネリネに任せてグルガーンに全力攻撃!

ルインス :(コロコロ…)よし!ダメージは16点!

ネリネ  :任された。ガーゴイルに魔力撃3連撃(コロコロコロ…)

ネリネ  :え、ピンゾロ…一発しか当んない…ダメージは16点、落ちた?

GM   :はいガーゴイルは落ちましたね

ルインス :「際どいなこりゃ・・・」

エル   :「まだもう一つの扉動いてますしやばいですね」

サラ   :「私のマナ持つかな?」

GM   :エネミーターン行きますね

GM   :グルガーンの攻撃はネリネに

ネリネ  :(コロコロ…)当たりました…13点ですね…

サラ   :さっきからGMの出目がいい

GM   :GMやればわかるよ、主砲は装填で機銃はルインスに攻撃(コロコロ…)6ゾロ!

ルインス :はぁ!?

ルインス :そんなの避けられるわけが…(コロコロ…)無理でした

エル   :5ゾロで出目はいいのに…

GM   :ダメージは10点

GM   :エネミーターンの終了時に反対の扉からグルガーンが乱入してきます



2ターン目終了

PC側
ルインス :HP18/28 MP12/18 マッスルベアー(1)、ビートルスキン(1)、フィールドプロテクション
ネリネ  :HP18/31 MP14/20 マッスルベアー(1)、キャッツアイ(1)、フィールドプロテクション
エル   :HP18/18 MP11/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP27/27 MP22/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:17点
機銃:17点
グルガーンA:12点
グルガーンB:無傷


エル   :ドゥームにスパーク!

エル   :(コロコロ…)抵抗抜いて!(コロコロ…)回って!(コロコロ…)18点!

エル   :「よし!手応えあり!このまま一気に行きましょう!」

ネリネ  :グルガーンAに魔力撃3連撃

ネリネ  :(コロコロコロ…)またピンゾロ…1発だけ命中

ネリネ  :ダメージは(コロコロ…)13点

ルインス :まだ生きてるよな?グルガーンに攻撃(コロコロ…)命中して(コロコロ…)ここでピンゾロかよぉー

サラ   :ルインスとネリネに拡大キュアウーンズ(コロコロコロ…)成功

サラ   :(コロコロコロ…)ルインスが14点ネリネが13点回復

サラ   :ついでに強靭なる丈陣Ⅱ:精定使用して生命抵抗力に+1して終了

GM   :エネミーターンですね、グルガーンAがネリネに攻撃(コロコロ…)

ネリネ  :(コロコロ…)さすがに避けた

GM   :Bがルインスに(コロコロ…)

ルインス :(コロコロ…)避けた

GM   :主砲はサラに砲撃(コロコロ…)

サラ   :ついにきたー(コロコロ…)無理ー

GM   :ダメージは(コロコロ…)21点

サラ   :Fプロあるけど20点は痛いよ…

GM   :機銃はルインスに射撃(コロコロ…)命中?ダメージが(コロコロ…)14点



3ターン目終了

PC側
ルインス :HP15/28 MP12/18 フィールドプロテクション
ネリネ  :HP31/31 MP13/19 フィールドプロテクション
エル   :HP18/18 MP5/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP6/26 MP16/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:35点
機銃:35点
グルガーンA:21点
グルガーンB:無傷


ルインス :「俺タダの壁じゃねえか!こいつら硬くて全然きれないしよぉ!」

サラ   :「…」無言でキュアウーンズをルインスとサラに使います

サラ   :(コロコロコロ…)成功(コロコロコロ…)ルインスに11点サラに10点回復

サラ   :「撃たれたお腹がいたい…蛮族いないし帰りたい…あのマスターに文句言う…絶対言う…」とブツブツ文句言ってます

エル   :「そろそろ倒れてくれないかな…」

エル   :ドゥームにスパーク

エル   :魔晶石5点+MP1で行使判定(コロコロ…)抵抗は抜けない(コロコロ…)ダメージ8点

エル   :「くっ…そろそろきつくなってきた」

ネリネ  :マッスルベアー、キャッツアイかけ直してグルガーンAに3連撃!

ネリネ  :(コロコロコロ…)また一発だけ~!?GM、出目良すぎ~

ネリネ  :ダメージは16点

ルインス :こっちもマッスルベアーかけ直してグルガーンAにとどめ

ルインス :(コロコロ…)

GM   :(コロコロ…)避けた

ルインス :「 」

GM   :「トマッテミエルワ……」

ルインス :「こいつぶっ壊してぇ・・・」

GM   :ドゥーム主砲は装填、機銃はルインスに攻撃

ルインス :(コロコロ…)ダメージ

GM   :(コロコロ…)11点
      グルガーンの攻撃は当たりませんでしたとさ



4ターン目終了

PC側
ルインス :HP15/28 MP12/18 マッスルベアー(2) フィールドプロテクション
ネリネ  :HP31/31 MP7/19 マッスルベアー(2) キャッツアイ(2) フィールドプロテクション
エル   :HP18/18 MP4/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP16/26 MP10/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:43点
機銃:43点
グルガーンA:33点
グルガーンB:無傷



ルインス :グルガーンにとどめだ!(コロコロ…)出目6の12…当たるか?

GM   :(コロコロ…)出目8の12同値避け

ルインス :こいつ…

サラ   :もうこっちMPないよ…ルインスとサラにキュアウーンズ(コロコロ…)成功

サラ   :「コレで拡大出来るのは最後!そろそろ何とかして!」

サラ   :(コロコロコロ…)ふたりとも10点回復

エル   :魔晶石使いつつドゥームにスパーク!

エル   :(コロコロ…)14!

GM   :(コロコロ…)ピ ン ゾ ロ

エル   :よっしゃ!まわれまわれ!(コロコロ…)ほんとに回った!21点!

GM   :機銃は落ちた。主砲はまだ残ってるよ

ネリネ  :もう、ここで、落としたい

ネリネ  :グルガーンに通常攻撃、両手利き使わず

ネリネ  :(コロコロコロ…)14の18!どうだ!

GM   :(コロコロコロ…)両方ダメージどうぞ

ネリネ  :よっし!(コロコロ…)ピンゾロ…(コロコロ…)13点、落ちたよね?

GM   :ちょうど落ちてますね

GM   :では主砲はエルに攻撃します(コロコロ…)15

エル   :よけられるわけねーだろ!(コロコロ…)ダメージどうぞ

GM   :(コロコロ…)20点

エル   :うっ…気絶しました、本日二回目…

GM   :グルガーンはルインスに攻撃…まぁ避けるよね



5ターン目終了

PC側
ルインス :HP25/28 MP9/18 マッスルベアー(1) フィールドプロテクション
ネリネ  :HP31/31 MP7/19 マッスルベアー(1) キャッツアイ(1) フィールドプロテクション
エル   :【気絶】HP-2/18 MP3/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP26/26 MP4/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:64点
機銃:落ちた
グルガーンA:落ちた
グルガーンB:無傷


サラ   :あ、アウェイクンしようと思ったらMP足りなかった

ルインス :え?アウェイクン分もないの?

サラ   :このアウェイクンMP5消費って書いてある

ルインス :ホントだ!こんなにかかるのか…

エル   :あのボクの懐にある魔晶石5点分を使ってくれませんか?

ルインス :グルガーンのこり1体だからサラが合流すれば一人ドゥームを殴りにいけるな

サラ   :それで行こう

エル   :おいぃ!?

サラ   :「もう!マナないし!エル倒れちゃうし!」

サラ   :乱戦参加してポンチョからハンドアックス取り出してぶつけます

サラ   :(コロコロ…)命中!(コロコロ…)11点!

ネリネ  :乱戦離脱してドゥーム殴りに行きます

ネリネ  :魔力撃、2回攻撃!(コロコロコロ…)両方ハズレ…

ルインス :グルガンに全力!(コロコロ…)命中?(コロコロ…)15点

GM   :グルガーンはルインスに攻撃

ルインス :あ、こっちなんだ(コロコロ…)避けた

GM   :あ、サラ殴れたのか…

サラ   :乱戦参加してるよ

GM   :次のターンはサラにしよう、主砲は装填して終わり



6ターン目終了

PC側
ルインス :HP25/28 MP9/18 フィールドプロテクション
ネリネ  :HP31/31 MP7/19  フィールドプロテクション
エル   :【気絶】HP-2/18 MP3/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP26/26 MP4/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:64点
機銃:落ちた
グルガーンA:落ちた
グルガーンB:11



ネリネ  :主砲に魔力撃2回!(コロコロコロ…)両方ハズレ…いや!指輪割ります!

ネリネ  :コレで片方命中で(コロコロ…)16点!

サラ   :主砲にフォース、コレが最後のMP…

サラ   :(コロコロ…)抵抗は抜けない…(コロコロ…)ダメージは5点

サラ   :さすがに落ちたよね?

GM   :はい、お疲れ様でした、まだグルガーン残ってますけどね

ルインス :グルガーンに全力攻撃

ルインス :(コロコロ…)また同値かよぉー

GM   :グルガーンはサラを攻撃

サラ   :(コロコロ…)ピンゾロです

GM   :ダメージは11点

サラ   :「うぅ…痛い…」



7ターン目終了

PC側
ルインス :HP25/28 MP9/18 フィールドプロテクション
ネリネ  :HP31/31 MP7/19  フィールドプロテクション
エル   :【気絶】HP-2/18 MP3/29 フィールドプロテクション
サラ   :HP26/26 MP4/27 フィールドプロテクション
エネミー
ガーゴイル:落ちた
ドゥーム主砲:落ちた
機銃:落ちた
グルガーンA:落ちた
グルガーンB:11
※このターンフォースの誤射判定を忘れております
とはいえグルガーンが何かできるわけもなくこの後あっという間に落とされました。


サラ   :「やっと動かなくなった…」

ルインス :「エルにアウェクイポーションをかけてやらんと」

エル   :「いてて…毎回倒れてるな僕…申し訳ない…」

ルインス :「俺なんてただの置物みたいなもんだったぞ・・・」

ネリネ  :「ううん、私こそ・・・ぜんぜん当たらなかった」

GM   :そうすると奥の扉が開きます

ルインス :「さーこの部屋はなんだぁ・・・疲れた・・・」

サラ   :「私、マナ使いきっちゃってもう動きたくない…」

ルインス :適当に探索判定する(コロコロ…)

GM   :部屋には台座があるだけで特に何もありません

GM   :ルインスが台座に近づくとルインスのバスターソードが光ります

ルインス :「は?なに?」

サラ   :(いろいろついで行けずに呆然と眺めてる)

ネリネ  :(おなかすいたな)

ルインス :「いかにも台座にさしてくださいといわんばかりな・・・」

エル   :「こうなったらやっちゃいましょう」

ルインス :「うさんくさいけどいいか、記念にざくっと」

サラ   :記念って何の記念だろう?

GM   :台座の光がバスターソードに移って行き、やがて光が収まります

ルインス :「どれどれ…」

GM   :抜いた途端、爽やかな風がルインスを一瞬包み込んで消えます

ルインス :「お、さわやかな…ミントガムのような感覚が」

エル   :おいっ(笑)


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~~ちょっとこのへん記憶に無いです~~
魔剣の説明だったり帰り道だったりいろいろ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


GM   :それでは君たちは無事に村長へ報告を終え店へと戻って来ました

エル   :「ただいまぁーマスター帰ってきたよー」

シュバルツ:「お前たちか!よく帰ってきたな!!依頼は上手くいったのか!?!?!?」

ネリネ  :「マスターごはんー」

サラ   :「マスター、依頼内容が違った規約違反。報酬の上乗せを要求する」

エル   :「まぁ上手くいったけど…何度か死にかけた…」

ネリネ  :「それなりの経験してきたし」

シュバルツ:「すまんな!!!これが報酬だ!!!!」といって8000ガメル渡してきますね

ルインス :「俺の剣風吹いただけなんだけどなんなの…?」

ネリネ  :「きれそう」

サラ   :「蛮族退治じゃなくてドゥーム退治だった。だから報酬の上乗せを要求をする」

エル   :「まぁあのドゥーム戦はこっちの判断で依頼とか無関係でしたけどね」

エル   :「それでもあの戦闘でだいぶカード使ったんだよなー(チラチラ」

シュバルツ:「それはしかたないな!!!!上手い飯で勘弁してくれ!!!!!」

ルインス :「うるさいっつーの!!声でけえんだよクソハゲ!!」

ネリネ  :「私は釣られない」

ネリネ  :「金ください!!!!!!!!」

シュバルツ:「なん…だと…」

サラ   :「分かった。じゃぁ経費だけでいいから補填して?」

シュバルツ:「だがこれ以上はびた一文やらん!!!」

シュバルツ:「だがカード代はやろう」

サラ   :「この宿は…ダメかもしれない…」

ルインス :「指輪とアウェイクンポーションとカードと魔晶石の経費補填してくれないの?そんなんでいいの?」

エル   :「まぁ仕方ないでしょう。この宿も貧乏なのは店主の頭を見ればわかるでしょう」

ルインス :「だからハゲてんだよなと思った」

サラ   :「それもそう。食事だけで手を打つ。奢りでいいんだよね?」

シュバルツ:「食事は奢りでかまわんぞ!!!!」

エル   :「まぁそうしてもらわないと手持ちがきつくて…」

サラ   :「はぁ…世知辛いの…」