フレーム


フレームデータ表の見方などの説明。

技名 発生 硬化差 判定 GD 備考
           

※単位は全てF(1/60秒)

技名
 通常技の場合はボタン名称。必殺技・アーツは技名。
 [強化]とあるものは、BD中など特定の条件下で強化された状態のデータ。
 [空中]とあるものは、空中可の必殺技を空中で出した場合のデータ。
発生
 攻撃判定の出る技の場合は、攻撃判定1F目までを含めた時間。
 複数ヒットする技は、基本的に1ヒット目のみ記述。
 攻撃判定の出ない技(構え等)の場合は、技が成立したと思われるところまでにかかる時間。
 アーツ等の暗転技に関しては、強制停止の時間を除いた実質発生。
 ※備考欄に「暗転までにかかるフレーム」と「暗転がとけて動き出してからのフレーム」を表記
硬化差
 その技をガードさせた際の有利・不利。数値不明の場合は「大幅不利」などと表記していることも。
 飛び道具の場合は、密着でガードさせた際の有利・不利を記述。
 例:-3なら、技をガードした相手より、技を出したキャラのほうが、動き出せるまでの時間が3F遅い
 例2:+3↑なら3F以上有利、-5↑↓なら5F前後の不利
 ※割と誤差がありそうなデータなので、参考程度に
判定
 上・中・下段などの攻撃判定部位。
 投げの場合は「投」、ガード不能は「G不」、当て身は「当身」、特殊な当て身は「特当身」と表記。
GD
 グラウンドダッジにヒットするか否か。ヒットする場合は「潰」と表記。
 1ヒット目はヒットせず、2ヒット目のみヒットする場合などは、備考に追記。
備考
 追記すべき事項などがある場合にはここに記述。

(フレームに関しては、基本的には個人で調査したデータなので、絶対合ってるという保証はありません。
 いつか公式ムックの発売、あるいはせめてフレームデータ公開等があることを祈りましょう。)


★アーツについて
ランブル2の暗転技は、主に以下のような順序で発生する。
 暗転前の動作 >暗転演出(強制停止) >アーツを出した側の動きだし(喰らい側は強制停止)>
 喰らい側の動きだし(喰らうまで強制停止が持続する技もある) >攻撃判定発生
 ※暗転演出時間は技により異なる
フレーム表に掲載している実質発生は、「動き始めてから暗転(強制停止)に到るまで」と、
「暗転後に双方が動き出してから攻撃判定の1F目まで」を足したもの。
技によっては演出のためか暗転中以外にも双方が強制停止になる時間が存在する場合があるが、
双方が停止していると思われる時間は発生から除外している。