カヤ - Kaya

last modified: 2015-10-29 ( 18:11:18 )



ネシカ版の変更点

特になし


キャラクター概要

立ち回り能力こそ低いが、ダウンさせた後の見切りづらいJSPとJSKによる表裏2択が強力。
ガードされても月影(コマンド投げ)>OA、鋭く高度の低い飛び込みでまとわりついてガークラ>OAと、
起き攻めや崩しの能力は最高レベル。
Oゲージのたまりも非常に早く、Oゲージ残量をほぼ気にせずOAを使っていける。
しかしDゲージ増加は非常に遅い上に、無敵技もOAしかないため、一度攻め込まれると脆い。
守り弱さを補えるだけのラッシュ力はあるので、攻めで圧倒して勝利をもぎ取りにいきたい。


技一覧

※データの見方はこちら(別ページ)にて,フレームデータは全て アトミス版 調べ
ネシカ で大きな変更のあった技については、技名を 青文字 で表記
通常技
技名 発生 硬化差 判定 GD 備考
LP 5 +2 - 連キャン可/基底有り
LK 6 0or-1 基底有り
SP(近) 11 -4 -
SP(遠) 10 -8 -
SK(近) 7 -3 -
SK(遠) 10 -9↑ -
屈LP 5 +2 - 連キャン可/基底有り
屈LK 4 0 連キャン可/基底有り
屈SP 9 -9↑ -
屈SK 13 -5↑↓
ジャンプLP -
ジャンプLK
ジャンプSP -
ジャンプSK
技名 発生 硬化差 判定 GD 備考
落葉
(6LP)
25 0 -
ジョルト G不 -
AA -
通常投げ -
必殺技
技名 発生 硬化差 判定 GD 備考
飛翼(LP) 16 -4 潰* *手元のみGD潰し性能有り
(SP) 22 -3↑↓ 潰* *手元のみGD潰し性能有り
天閃(LP) 15 -8↑↓ CC対応
(SP) 36 -8↑↓ CC対応
朧蝶 雲(LP) 当身 -
(SP) 当身 -
月影(LK) 1 -
(SK) 1 -
雪漣(LK) 19 -9↑ -
(SK) 22 -9↑ -
月扇(LP) 17
(SP) 17
アーツ
技名 発生 硬化差 判定 GD 備考
奉閃(LP) 9 -9↑ * - 暗転まで5F・暗転後4F
/*1,3,5上段・2,4下段
(SP) 9 -9↑ * - 暗転まで5F・暗転後4F
/*1,3,5上段・2,4下段
霜刃(LP) 22 - 暗転まで9F・暗転後13F
(SP) 22 - 暗転まで9F・暗転後13F
きん舞 躯命殲(LP) 10 -8 暗転まで5F・暗転後5F
(SP) 10 -8 暗転まで5F・暗転後5F


技説明

通常技

立ちLP
基底:有/GD潰し:無/上段/連キャン:可/ガード:+2F程度
手の甲で軽く打つ。
しゃがみ姿勢の低いキャラには空振りするので、低空の受け身狩り以外にはあまり使わない。

立ちLK
基底:有/GD潰し:有/上段/連キャン:不可/ガード:五分or-1F
立った状態で、後ろ側の足を使って相手の足元を蹴る。通称、袴キック。
基底補正(80%?)有り。
発生も早くGD潰しの性能も有るため地上での牽制に優秀な技。
ただし、先端からだとRCが繋がらないので距離の把握が必要。

近距離立ちSP
基底:無/GD潰し:無/上段/連キャン:不可/ガード:-4F
手刀による打ち上げ。
発生が遅く、対空にもならないのであまり使わない。

遠距離立ちSP
基底:無/GD潰し:無/上段/連キャン:不可/ガード:-8F
前進しつつ、身体を一回転させて甲打ち。
立ちLPと違ってしゃがみ状態の相手にもヒットする。
リーチの短い屈SPが当たらない距離での地上コンボに使用。

近距離立ちSK
基底:無/GD潰し:無/上段/連キャン:不可/ガード:-3F
相手の鳩尾辺りを蹴る膝蹴り。
カヤのS攻撃中では最速だが、リーチが短く前進性能もない。
慣性をつけていないと、近SKキャンセルからの天閃は必ず空振る(バズウを除く)ので注意が必要。
コンボには使いづらいが反確の無いS技なため、ガードゲージを奪いつつ固める時には有用。
しかしそこ以外はむしろ弱く、一長一短か。

遠距離立ちSK
基底:無/GD潰し:無/上段/連キャン:不可/ガード:-9F以上
少し前進しつつ、高い位置への後ろ回し蹴りを繰り出す。
前進性能のおかげで天閃につなぎやすい。
ただし、攻撃判定発生まで無防備に前進するため、単発での使用は危険。

屈LP
基底:有/GD潰し:無/上段/連キャン:可/ガード:+2F程度
しゃがみ状態で、手の甲で軽く打つ。上半身は立ちLPと同じモーション。
ガードさせて有利。
基底補正もかからないので、コンボの始動に、固めにと活躍する技。

屈LK
基底:有/GD潰し:有/下段/連キャン:可/ガード:五分
小足。発生4Fで、カヤの最速技。連打可能。
リーチは短い。基底補正(75%?)有り。
低姿勢になるため、連打中はアランのアクセルストライクなどをスカすことが可能。

屈SP
基底:無/GD潰し:無/上段/連キャン:不可/ガード:-9F以上
屈みながら少し前に移動して、上方向に手刀で突き上げる。
攻撃後は元の位置に戻る。
実際には前進していないので、遠SKが近SKに化けるのを防ぐのに使える。
発生は遅くないが、硬直が異常に長い。
空振り時はS攻撃からのフルコンボを喰らうことになるため、出来ればAAでフォローしたい。
また、対空に使えなくもないが、判定はそれほど強くなく、前進するためにやや使いにくい。

屈SK
基底:無/GD潰し:有/下段/連キャン:不可/ガード:-5F程度
前に出つつ一回転する足払い。
リーチはそこそこあるが、発生が遅く、L攻撃から連続ヒットしない。
遠SK同様、前進中は無防備。

ジャンプLP
基底:無/GD潰し:無/中段/ガード:?
空中で斜め上方向に出す手刀。
発生が早く、上方向への判定も強いので、空対空に優秀な技。
昇竜のないカヤにとっては、昇りJLPが対空の主力といえる。

ジャンプLK
基底:無/GD潰し:有/中段/ガード:?
空中で斜め下方向に軽く蹴る。
発生は遅い(空中技で最も遅い)ものの、めくり性能がある上に判定はそこそこ強く、持続も長い。
起き攻め、立ち回りのアクセントとして使用。

ジャンプSP
基底:無/GD潰し:無/中段/ガード:?
空中で両腕を広げる。
前後にほぼ同等の大きさの攻撃判定があり、異常に強力なめくり性能を持つ。
ただし、カヤ自身の喰らい判定も広がるので注意。
また、ほとんどのキャラに屈LPで対空されてしまうので、基本的には起き攻め状況で使いたい。

ジャンプSK
基底:無/GD潰し:有/中段/ガード:?
空中で下方向に蹴る。JLKより下方向に長い。
下りで低めに出せばGDを潰す性能有り。
立ち状態の相手に先端ヒットさせればJSPに繋げる上、攻撃判定が非常に強く、
無敵技以外の対空に一方的に負けることがほぼない。
また、後ろ方向にも判定が分厚く、飛び越えそうになっても引っ掛かりやすい。
空対地での主力技。
相手に近い距離から昇りで出して、見えない中段として使うことも可能。

【特殊】落葉(らくよう) 6+LP
基底:無/GD潰し:無/中段/連キャン:不可/ガード:五分
手を大きく振り下ろす手刀攻撃。中段。
ヒカリとは違い、触れた時の有利は無いが、キャンセル可能。
ただし単発確認は難しく、GDで潜られたときにも危ないので、基本はAAを入れ込んでおきたい。

通常投げ
投げ
ヒカリと同じく、普通の投げと違い、レバー前で後ろに、後ろで前に投げる。
投げ成立後はダッシュ2LKでのダウン追撃が確定。
画面端で壁に向かって投げた場合は、壁バウンドからダッシュ2LKなどで追撃も可能。

必殺技

飛翼(ひよく) 236+P
GD潰し:手元のみ有/上段/密着ガード:Lが-4F、Sが-3F前後
気の刃を放つ飛び道具。射程無限。
ガード時-4Fだが距離が遠いため、大半のキャラでは確反は入れられないと思われる。
L版はS攻撃から連続技になるが、ヒットしても微不利なので注意。
S版は発生が遅く連続技にならないが、L版より硬直は若干短く、弾速は少し早い。
総フレームがそれなりに長いので、読まれて飛ばれると大惨事。
適当にばらまくにはそれなりのリスクが有る技なので、撃ってもいい状況を覚えておきたい。

天閃(てんせん) 623+P
CC対応/GD潰し:有/上段/ガード:-8F前後
頭上から足元まで両手を振り下ろし、前後に気の刃を発生させる技。
CC対応技で、CCはかなりディレイ可能。ただし、OAを全段当てるには最速CCが必要になる。
飛び道具判定のため、IB不能で相手の飛び道具を消せる。カウンターヒット時縦浮き。
L版はその場で発生し、S攻撃から連続技になる。
腕を振り下ろす辺りに一瞬だけ無敵時間があるが、あてにできるものではない。
上方向への判定はそこそこ強く、相打ち上等の対空に使えなくはないが、
発生も無敵も微妙なため、使いやすいとはいえない。
S版は少し前進してから発生。移動中は打撃に対して無敵。
L、Sどちらも横方向への判定は見た目より薄く、エフェクトの内周ギリギリ辺りに攻撃判定が出ている。
コンボに組み込んで行くのが主な使い方だが、上記の通り横判定が狭く、スカる事も多い。
まずはこの技が届く範囲を覚え、距離が遠いと思ったらこれを挟まずOAに繋いで行きたい。

朧蝶 雲(おぼろてふ くも) 63214+P
当て身
下段以外の地上打撃を受け流す当て身技。発生3F程度。
構え中に対応した攻撃を受けると成立し、相手を自分の後ろ側に移動させる。
相手は無防備状態で中距離まで離れ、そこに追撃が可能。
発生まで微妙に時間がかかるのが難点だが、立ち回りに、IB関連の攻防にと、使い道は多い。

月影(げつえい) 463214+K
投げ
相手を捕らえた後、鳩尾を突いて体勢を崩すコマンド投げ。
他のコマンド投げに比べても、投げ間合いはかなり狭い。
しかし、相手がダウンする前に追撃を入れると立ち状態ののけぞりに移行する。
少しだけ慣れが必要なものの、コマンド投げから追撃で地上コンボが入れられるのは大きい。
追撃可能タイミングは全キャラ一定。
 応用1  ダッシュ月影  6463214+K
646部分でダッシュ、投げ間合いに入ったら3214でダッシュ後に月影を出すことが出来る。
ダッシュ可能距離はLKの間合い程度。近距離での奇襲に。
 応用2  ダッジ月影
GDはL+S同時押し+コマンドと入力することで、必殺技でキャンセルすることができる。
(正確にはL攻撃出がかり空キャンセルS必殺技になる)
そのため、GD>月影同時押し入力で相手の下段に判定のない技をすかしつつ掴める。
ただし原理的には空キャンで、最低1Fは通常技が出ていることになるため、持続の長い技には潰されることも有る。

雪漣(せつれん) 41236+K
GD潰し:無/上段/ガード:-9F以上
少しダッシュしてから、上方向への突きを放つ、空中ガード不能のロック技。
「相手に近づく」「一定距離(弱強で異なる)進む」「ダッシュ中にKを押す」
のいずれかを満たすことで、ダッシュから突きへ移行。突きがヒットするとロック。
ロック後は、突きのヒット時に相手が空中にいても必ず地上で立ちのけぞりになり、
カヤが相手の背後に回って3発の打撃を与える。
ヒット後は有利(6F程度?)なので、発生の早い攻撃で追撃が可能。
ただし、雪漣は2LKと同じ基底補正が適用される上、ヒット数も多いため、ダメージはかなり低くなる。
連続技には組み込みにくいが、上方向への攻撃判定はかなり強いので、受け身狩りの選択肢の1つとして。

月扇(げっせん) 空中で 236+P
GD潰し:有/中段/ガード:?
ジャンプ中に手刀で斜め下方向をなぎ払う技。発生時に少し上に跳ねる。
着地硬直がかなり長いので、地上の相手に当てて不利。めりこみで投げ確定。
低空でカウンターヒット時のみ地上2LKに繋がる?
遠距離の空中で軌道を変えるため、あるいはトドメ用に奇襲として。基本的には要らない。
小ネタとして、2369(ワンテンポ待って)LPorSPで低空月扇、
12369LPorSPで、かなりの距離を飛ぶハイジャンプ低空月扇が出せる。

アーツ

【OA】奉閃(ほうせん) 236236+P
GD潰し:無/1,3,5上段・2,4下段/ガード:-9F以上
Oゲージ1本使用。前進しながらの5連撃。
発生が早く、初段の攻撃判定発生後まで無敵が続く、優秀な無敵技。
連続技にはもちろん、割り込みやリバーサルにも使える。
1・3ヒット目は両ガード可能で、2・4ヒット目は下段判定。
5ヒット目が当たると後方へ吹き飛ばし、壁との距離次第では壁バウンドする。
空中の相手に当てるとカス当たりになり、大きな隙を晒す危険性がある。
また、1ヒット目が一部キャラの低姿勢技(カヤ、ヒカリ、ガネ、ヴィレン、ベア、ハザマの2LK)に空振り、
2ヒット目以降ガードされてしまうので注意。
L天閃からCCで奉閃を出す場合、最速CCしないと奉閃が全段ヒットしない。
CCする際には直前の技コマンドが利用出来るので、
 623LP(ここで天閃発生)→6236LPorSP(奉閃発生)
とすると、最速入力が楽になる。

【DA】霜刃(そうじん) 214214+P
GD潰し:?/?段/ガード:?
Dゲージ2本使用。ダメージ中のみ可。
打ち上げ、振り下ろしの2ヒット技。地上のけぞり中に出せる数少ないDA。
発生が早い、攻撃判定発生後まで無敵、壁との距離次第で追撃コンボ可能と、優秀な切り返し技。
ただし、空中コンボに対して発動することは出来ない。
また、カヤのDゲージはかなり溜まりにくいため、使用機会は自然と限られてくる。
Dゲージを抱えたまま死ぬのは勿体ないので、頭の片隅には置いておきたい技。

【CA】きん舞 躯命殲(きんぶ くめいせん) 6321463214+P
GD潰し:有/上段/ガード:-8F
OゲージDゲージともに3本使用。(「きん」は「血半」が一文字になった字)
カヤを中心に渦を発生させ、ヒットした相手を上空に飛ばし、突きでフィニッシュ。
「初段を無敵技などで避けられる」「空中の相手にヒット」の場合、フィニッシュの突きが出ない。
無敵時間は長く、S攻撃から連続技になるが発生は遅いため、ぶっぱには向かない。

BD

氷鎖(ひょうさ)
OゲージDゲージともに1本ずつ使用。
相手に攻撃をヒットさせる事で一部の移動能力を低下させる。
また、時間経過と共に徐々に相手の体力が減少するが、このスリップダメージでKOは出来ない。


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る