※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20の扉 過去問集 132スレ目


一部問題は八雲紫の暇つぶし参照





無罪放免


★問題:20の扉

四季映姫「私は一人の男の霊を裁きました。
その男は生前、勉強もせず、働かず、一日のほとんどを室内で過ごしていました。
彼はすぐ近くで人が死ぬのを見殺しにしたこともあるようですね。
また、ことあるごとに大声で騒ぎ立て、隣近所の人間に迷惑をかけていました。
実際、彼の周りでは諍いが絶えなかったようです。それが原因で彼は殺されてしまったようですしね。
そんな男でしたが、私は彼を無罪としました。
何故私がそんな判決を出したのか、考えてみてください。
言っておきますが、一目ぼれなんてしてませんからね!」

簡単な問題なので20の扉です。もしも20で解答できそうにない場合は、幻想郷的駄洒落で四季映姫を笑わせると、彼女が数え間違えるかもしれません。