※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート番号T17

幻想郷カードラリー





【プロローグ】



東風谷早苗の元にその手紙が届けられたのは、
日差しも強くなり、間もなく梅雨に入ろうかという時期だった。
手紙を見た早苗は、まず差出人の名前を確認する。
「八雲紫……あのスキマ妖怪ですか」
いったい何が書いてあるのかと身構えながら手紙を開き、
中に書かれている文に目を通した。

「東風谷 早苗様


この度、幻想郷で行われるとある大会に、あなたをご招待したいと思います。
詳しい説明は同伴したもう1枚の紙に書かれてありますので、そちらをご覧ください。
ご健闘のほどをお祈りしております。

                      大会主催者  八雲 紫」


「……これは……一体……?」
恐らく他の幻想郷の住民にも、これと似たような手紙が届いているのだろう。
紫は一体どんな「大会」を企画しているのか。
早苗は幻想郷にまた1つ、新たな風が吹き始めるような気がした。

【こくちるの】
今週の土日のお昼を使って、大作(連作?普通の亀夫?)【幻想郷カードラリー】というのを開きたいと思います。
概要とルール説明は次のレスから。



【概要】
亀夫型ウミガメのスープです。
大まかな目的としては東風谷早苗に指示を与えて幻想郷の各地を巡り、
最終的に「大会(紫曰く)」に優勝するのが主な目的ですが、
その途中で何問か、ウミガメのスープ・20の扉が出題されます。
これらの問題を解けば解くほど、最後に出される問題が解きやすくなります。
(126スレ目の291での追記。優勝条件は「最終問題に誰よりも早く正解」です。
カードはその最終問題を、より簡単に解くための布石になります。)
(126スレ目451での追記。【指示】で「マヨヒガに行く」事を明言すると、
例えまだ行ってない場所があっても問答無用で最終問題に入りますが、
時間表記はなくなりません。というのも……おっと、これは最終問題の時に。)

どんな問題が出るかは、問題が出てくるまでのお楽しみです。

【詳細ルール】
  • 制限時間は12時間(720分)、人里からスタート。
早苗への【質問】、【指示】には1分、問題への【質問】、【解答】には2分消費する。
当然ながら、GMへの【質問】には時間を消費しない。
  • 制限時間内にゴール地点のマヨヒガにたどり着けなければ、最終問題の際にペナルティあり。
  • 各地で問題をクリアすると、カードが何枚か手に入る。何枚手に入るかは、問題が出た時に併せて表示される。
  • 訪れることができる場所は、以下の8つ。
場所の右側に書いてある数字は、人里からそこに行くのにかかる時間を示しており、
【指示】でその場所に向かうことを明記した場合、その分だけ上記の時間が減らされる。
なお、行動は人里を拠点として行われるので、1つの場所でクイズを解き終わったら一旦人里に戻ってこなければならないが、
その場合はノータイムで戻ってこれる(下の時間は往復の時間のため)。

博麗神社(10)
紅魔館(20)
白玉楼(30)
永遠亭(20)
守矢神社(30)
地霊殿(30)
香霖堂(10)
マヨヒガ(30)(編集者注:20に修正された)


以上が、ルールとなっております。
開始は6/27(土)、12時半からを予定としております。
何か分からない点、もしくはおかしな点などがあれば、【質問】でどんどん聞いてください。
とりあえず本日は23時までの質問であれば、答えることができます。


  • 博麗神社へ移動。




アンケート番号T17-1

霊夢の暑いアレ


霊夢「いらっしゃい、素敵なお賽銭箱は」
早苗「そこですね、わかります(チャリーン)」
霊夢「まいどありー、ではクイズよ」
早苗「えー、お賽銭あげたんだから無償でくれても……」
霊夢「バカね、お賽銭を入れて初めてクイズが出題されるのよ」
早苗「そんなぁ……」



【問題】
霊夢「この前魔理沙に、【お前のアレ、暑くてたまらないぜ】って言われたの。
その後、魔理沙は見るも無残な姿になってたわ……主に私の手によって。
さて、魔理沙が一体何と言ったのか、当ててみなさい」


ルール:ウミガメのスープ
入手カード:3枚
特別ルール:なし
ヒント:2回(使用ごとに入手カードを1枚没収)




  • 霊夢の勘によるヒント
    • 地霊殿と香霖堂の問題は、多分簡単
    • 人里で会える人妖は、なるべく話しかけるのが吉

  • 人里に戻る。人里では一度戻るごとに周囲にいる人妖1人に話しかけることができる。
  • 映姫に話しかける。彼女は小町を探していて見つけたら連れてくるように頼まれる(以後、小町がランダムに現れる)。
  • 香霖堂へ移動。




アンケート番号T17-2

例によって


霖之助「やあ、いらっしゃい」
早苗「ここでは、何を……?」
霖之助「そうだね、最近僕が仕入れた物を当ててもらおうか。
外の世界からやって来た君なら、多分簡単だろうと思……」
早苗「わぁ、テレビにパソコン、それに初代プレ○ステー○ョン!!懐かしいですねー」
霖之助「……人の話を聞いているかい?」

【問題】
やあ (´・ω・`)

ようこそ、香霖堂へ。
このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、この問題を聞いたとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした幻想郷で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って 、
この問題を出すんだ。

20回の質問で僕が何を仕入れたか当てられたら、
君の望む物を渡そう。

じゃあ、質問を聞こうか。


ルール:20の扉
入手カード数:3枚
特別ルール:なし
ヒント:2回(使うたびに入手カードを1枚没収)




  • 人里に戻る。慧音に話しかける。子供の世話を手伝うと、子供から「慧音のお守り」(ヒント使用を1回だけなかったことにできる)をもらう。
  • 紅魔館へ移動。湖のそばでチルノとルーミアを見かける。話しかけると凍らされて5分ロス。
  • 紅魔館到着。




アンケート番号T17-3

チルノの借り物


パチュリー「いらっしゃい……げほ、ごほ」
早苗「だ、大丈夫ですか?」
パチュリー「全く……私が喘息持ちだからって、
【じゃあパチェ、留守番よろしくねー♪】って言い残して、レミィも咲夜も妹様も大会に参加してしまうし……
今ここにいるのは、私と、こぁと、えーと……?」
美鈴「私です!!紅美鈴です!!」
早苗「ああ、みすずさん」
美鈴「みすず言うな!!」
パチュリー「にぎやかでいいわね……じゃあ、問題を出すわ」

美鈴「しかし、何故そんなにびしょ濡れなんですか?」
早苗「いろいろありましてね……」
美鈴「巫女服が透けて……なんだか、とってm」
パチェ「そこまでよ!!」

【問題】
パチュリー「この前、あの氷精がここに来てね。
ある目的のために、あるものを貸してほしい、って頼んできたのよ。
理由を聞いて、なるほどあの妖精らしいって思ったけど……
やはりと言うか何と言うか、後日、あの子はボロボロになってたわ。
さて、どんな目的で何を借りていったのか、それが問題よ」

ルール:ウミガメのスープ
入手カード数:3枚
特別ルール:1回だけ、ヒントをカード没収なしで使うことができる
ヒント:3回(2回目以降のヒントは使うたびに入手カードを1枚没収)




  • 人里に戻る。アリスに話しかける。アリスは魔理沙にカードを盗まれたとのこと。以後、魔理沙に会った場合、盗まれたアリスのカードを取り返すことができる。
  • 地霊殿へ移動。途中、勇儀に出会う。勇儀とレス秒数を使った勝負をし敗北。カードを1枚奪われる。




アンケート番号T17-4

想起「スペカ2枚」


さとり「……そう、早く問題を解いて次の場所に進みたいのね」
早苗「そうですね。言わなくても意思が伝わるのは楽です」
さとり「そちらから意思を伝えるのは確かに簡単でしょうが……
今回は1つ、あなたにも読心術の訓練をしてもらいましょう。
……めんどくさいなんて思うと、望むものは手に入らないわよ」
早苗「う……わ、分かりました」

さとり「それから……鬼に勝負をして、負けたようですね。お気の毒に」
早苗「あーうー……」

【問題】
さとり「私が頭に浮かべたスペルカードを2枚、当ててみてちょうだい」

ルール:20の扉
入手カード数:2枚
特別ルール:質問数12回以内で答えられた場合、入手カード+1
ヒント:2回(使うたびに入手カードを1枚没収)



  • 人里に戻る。フランドールに話しかける。カードを1枚破壊される。
  • 守矢神社へ移動。途中で文に会う。インタビューを受ける。「文の手帳」をもらう(1回だけヒントを無償でもらえる)。
  • 守矢神社到着。




アンケート番号T17-5

ABCウミガメ事例


神奈子「おー、頑張ってるかい?」
早苗「ええ、何とか。というか、ひょっとしてここでは、無償でカードを……」
諏訪子「あーうー、世の中そんなには甘くないよ」
早苗「ですよねー……」
神奈子「では、問題だよ」

【問題】

神奈子「私は最近、AがBすると、Cしたくなるんだ。
誰が何をするとどうしたくなるのか当ててみな?

最初に断っておくが、Aは幻想郷の人妖、B・Cは動作を表してるよ」


ルール:ウミガメのスープ
入手カード:2枚
特別ルール:理由まで当てられたら、入手カード+1
ヒント:2回(使うたびに入手カードを1枚没収)


  • 人里へ移動途中、寝ている小町を発見。小町を運び、人里で映姫に引き渡す。映姫からカードを1枚もらう。
  • 永遠亭へ移動。途中でてゐに会う。「兎の草団子」(ヒント1回無償でもらえる)をもらう。
  • 永遠亭到着。




アンケート番号T17-6

名は体を



鈴仙「こんにちは」
早苗「こんにちは、留守番ですか?」
鈴仙「うっ、それは言わないでください……
師匠も姫様も【じゃあウドンゲ(イナバ)、留守番よろしくね~♪】とか言いながら出て行っちゃうし、
てゐはてゐで【お師匠様と姫様について行くウサ】とか言ってどっか行っちゃうし……(ぶつぶつ)」
早苗「……えーと?クイズをお願いできますか?」
鈴仙「あっ、失礼しました。では」

【問題】
鈴仙「名は体を現す、と言いますが、先日その事をあらためて実感させていただきました。
それは幻想郷のある人達に関係することなんですが……さて、何でしょう?」

ルール:ウミガメのスープ
入手カード数:3枚
特別ルール:なし
ヒント:2回(使用ごとに入手カードを1枚没収)



  • 人里へ戻る途中魔理沙に会う。弾幕勝負で魔理沙に勝ち、アリスのカードを取り返す。
  • 人里に戻ってアリスに会う。取り返したカードは早苗がもらうことに。
  • 白玉楼へ移動。




アンケート番号T17-7

ゆゆ様の欲しいもの


妖夢「ようこそいらっしゃいました」
早苗「わあ、この季節になってもすごい桜ですね」
妖夢「ええ、幽々子様が紫様に頼まれて、張り切ってましたから。
お陰で花びらを掃く手間が例年の2、3倍……トホホ」
早苗「ご、ご愁傷様です……それより、クイズは……」
妖夢「ああ、すいません。ではさっそく行きましょう」


【問題】
妖夢「実は幽々子様が、どうしても手に入れたいものが2つある、と言うんです。
2つとも幻想郷のある住民に関するものなんですが……それを当てていただきましょう」

ルール:ウミガメのスープ
入手カード数:3枚
特別ルール:「Aは永遠亭住民ですか?」などの、人妖特定に関する質問を5回までに制限
ヒント:3回(使うたびに入手カードを1枚没収)



  • 人里へ一度戻り、マヨイガへ向かう。




アンケート番号T17-8

タイムリミット212分


マヨヒガの問題の前に、まずはここまで入手したカードと残り時間の発表です。

入手カード:20枚(間違ってないはず)
残り時間:212分(3時間32分)


紫「あら、おめでとう、あなたが一番乗りよ」
早苗「そ、それじゃ……」
紫「ノンノン、優勝を決定させるためには、最後のクイズに答えてもらうわ。
最後の問題は……そうね、あなたがいちばんよく知っているクイズよ」
早苗「?」
紫「ルールは簡単。これから幻想郷の人妖達を、ある条件で【ある】と【なし】に分けるわ。
【ある】の人達の共通点を答えられたら、見事優勝よ」
早苗「え、それってつまり……」
紫「だから言ったでしょう?あなたがいちばんよく知っているクイズって。
さあ、優勝はすぐそこよ!!頑張ってみなさい!!」

【最終問題】
【ある】に分類される人妖の共通点を答えよ。


ルール:変則的20の扉(あるなしクイズ)
質問数:20/20(1/1)
特別ルール:共通点に関しての質問を1回のみ認める、カードがなくなっても1回だけ【解答】可能
制限時間:16:37まで