※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20の扉 過去問集 119スレ目












問題製作者はらn……、いえ、なんでもありません……


紫「皆さんこんにちは。ご機嫌いかがかしら?
今日は私も最近流行りのあるなしクイズに挑戦してみたわ」
藍「問題は私が考えましたけどね」
紫(ジロッ……)
藍「いえ、紫様が考えました」
紫「皆には、あるの方の共通点を答えてもらうわ。ただし、以下のルールに従ってね?
あと、今回の問題は本家あるなしクイズの方からちょっとアドバイスを頂きましたわ。
皆が楽しめるように私共も努めますので、不慣れな故ミスがあるかもしれませんが暖かい目で見守ってあげてくださいな」

【ルール説明】

複数人の人妖に関する質問は、はっきりとした答えは返ってこない。
(例:A・B・Cはある、なしのどちらに所属していますか?等の質問の場合、
「あるに2人、なしに1人」と答えることはあっても、「A・BがあるでCがなしに所属」とは言わない。)

ただしピンポイントな質問、もしくは質問数が少なくなって来ると、ちゃんと所属を答える。
(例:「八雲紫はどちらに所属しますか?」→「なしに所属します」)

ヒントとして、藍の能力で1人の人妖を当てる事が出来る「仙狐思念」が使える。

制限時間は「全ての質問がなくなるまで」。
ただし質問が全てなくなっても、1回だけ【解答】と称して答えを言う事ができる。
もちろん、残った質問数で答えても構わない。

質問数は共有。つまり、人妖特定をしようが共通点特定をしようが、質問は1個ずつ減っていく。

紫「それじゃあ私からのプレゼントよ。
私、八雲紫は『ある』で、いつも出題している東風谷早苗は『なし』」
藍「それと注意を。このあるなしクイズは『中ボスおよび書籍、マンガのみで登場しているキャラクターは含みません』ので気を付けてください」


あるに所属する人妖の共通点を答えよ。
なお、質問数は30回とする。










チルノトラップ式20の扉


慧音「こんばんは、寺小屋教師の上白沢慧音だ、今回もAB式の扉に挑戦してほしい。
ただし今回から試験的にあるルールを追加することになった。
そのためにわざわざあの方をお呼びする羽目になったのだが…」

ルール:AB式20の扉
基本は20の扉だが以下の点が異なる。
  • 質問に対して基本的に出題者は「~はA(B)に所属します」と返答する。
(ただし問題の対象となっているキャラの質問は不可能)
  • 共通点の質問は今回は1回まで、ただし普通の質問と別にカウントする(その場合はYES・NOで答える)
  • 複数人の質問可、ただしはっきりとした答えは返ってこない。
(例:α・β・γはA、Bのどちらに所属していますか?等の質問の場合、
「Aに2人、Bに1人」と答えることはあっても、「α・βがAでγがBに所属」とは言わない。)
  • チルノトラップ(今回より追加)
質問をした人の秒数の1の位が9、またはその秒数が9の倍数の場合は代わりにチルノが出鱈目に答えます。
その代わりうそ発見機で1度だけチルノの答えた質問の真偽を見抜くことができます。
そのため同じ質問は1度だけとします(ただし複数人聞いた後その中から絞るのはOK)
  • ヒントは任意で1回使える他、残り質問数が5になった時にも出る。
  • 制限時間は22:00まで、延長は1度だけ可能(ただしペナルティ有り)

では問題だ。
「萃香はA・Bのどちらに当てはまるか、理由も添えて答えよ」
ヒント:アリスはA、パチュリーはBだ。

残り質問数 20/20 共通点 1/1 ヒント 1/1 うそ発見器 1/1












ゆゆ様にAかBを


紫「では~(以下説明コピペ)」
藍「補足は私がやろう。」

【ルール説明】

複数人の人妖に関する質問は、はっきりとした答えは返ってこない。
(例:A・B・Cはある、なしのどちらに所属していますか?等の質問の場合、
「あるに2人、なしに1人」と答えることはあっても、「A・BがあるでCがなしに所属」とは言わない。)

ただしピンポイントな質問にはちゃんと所属を答える。
(例:「八雲紫はどちらに所属しますか?」→「なしに所属します」)
普通の質問は30、
共有点質問は2つまでとする。
ひんとは7問になったときに出されるもの以外は無し。
進行具合によっては出せないこともある
紫「ちなみに私はA」
藍「私と橙はB、だ。
  それと、書籍やマンガ、旧作のみで登場しているキャラクターは含まないから注意するように。
  まぁ、旧作は”面倒だから”らしいがな。
  それでは健闘を祈ろう」

紫「ちなみに問題は
  西行寺 幽々子 はA・Bどちらに属するか。
  理由も添えて答えよ。」