※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ムシシス】シリーズ 11~20問目




アンケート番号R2-11

11:多才な人


幻想郷のミラクルバンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
天井知らずのハングリー精神の元、新たなメンバー獲得に奔走する彼女たちに、強力な味方が!

みすちー「あれよね? それは、ファッションよね?」
早苗「違いますー」
霊夢(デジャヴ……?)

さなえんの担当は何でしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-12

12:適材適所


幻想郷音楽界の百獣の王、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
そろそろ活動の意義を見失いかけているともっぱらの噂である彼女らの元に、
客足を取り戻す秘策を秘めたあいつがやってきた!

A「やっぱりさぁ、このバンドにもあれが必要なのよ」
リリカ「だから、何よ?」
A「○○よ! 私の力を持ってすれば、楽々よ~」
リグル「そこまで落ちぶれちゃいないって……」
メルラン「何だか情けないなー……。 あはは」

○○とは、何でしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-13

13:おいしいよ!


幻想郷の先進気鋭のバンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
多方面への活躍を見せる彼女達であるが、更に新たな方向性を模索すべく、
新メンバーの勧誘にも励んでいた。

リリカ「で、今度の忘年会年越しライブだけど……」
メルラン「いつもと勝手が違うから、ちょっとやりにくいわね」
リグル「今回は、少人数を招待して、パーティ形式にするんだよね?
     となると、曲以外の所の準備も大切だね」
ルナサ「じゃあ、まず一番大切なのは……」
みすち「やっぱり、○○だね」
リリカ「そこは何人か手伝いを呼ぶ事にしよっか。」
チルノ「はいはーい! その手伝いに、あたいからも一人、良い奴を紹介するよ!」
リリカ「誰よ?」
チルノ「 A だよ!」
みすち「え、何で?」

何故、Aなのでしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-14

14:私ともあろう者が……


幻想郷音楽界の革命家バンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
意外なメンバーの組み合わせで、意外と上手く行ってる彼女らであるが、
またも意外な新メンバーを勧誘しようとしているようだ。

A「ふーん。 それで、私は何を担当すれば良いのよ?」
リリカ「えっとー、○○担当で……」
A「えぇっ!?」

Aは何の担当でしょう。
ルールはウミガメのスープです。






アンケート番号R2-15

15:やせっぽち


幻想郷の全力疾走バンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
全員に満遍なくファンレターが来るピースフルな彼女達であるが、
彼氏云々の事など全く頭に無いため、まだ新メンバーの勧誘をしているようである。

リリカ「あいつを勧誘するにしても、何させたら良いのよ?」
リグル「斬新な物が良いしねぇ……」
メルラン「何か良い案は無いかしら?」
霊夢「あ、あれが有ったわ」
みすち「何々?」
霊夢「○○を使えば良いわ」
ルナサ「確かに斬新ね」
リリカ「もうそれで良いや」

新メンバーは、何担当でしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-16

16:幸せウサギとパン○


幻想郷の突撃パッパラパー音楽隊、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
本人達が色気を前面に押し出さないので、界隈の野郎共の妄想を余計に掻き立ててしまう、
という有様の彼女達であるが、そんな事もお構い無しに、今日もメンバー探しを続けるのであった。

リリカ「これは即戦力となりうる人材ね! 多分!」
リグル「何を根拠に?」
メルラン「でも、快くOKしてくれるかしら?」
てゐ「その時は、私にお任せあれ!」
リリカ「どうするの?」
てゐ「私の手に掛かれば、 A も○○をせずには居られないわ!」
リグル「何を根拠に?」
てゐ「だって言うじゃない、[~~~~~~~]って」
みすち「なるほど!」

[~~~~~~~]に入る言葉は、何でしょう。
ルールは、ウミガメのスープです。





アンケート番号R2-17

17.お約束の音


幻想郷のイロモノバンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
際どい服を着てライブをやってみたら、流血沙汰ならぬ充血沙汰になってしまった
彼女達であるが、大した反省も無く、新メンバーの勧誘に尽力していた。

リリカ「あいつなら、アレができるんじゃない?」
リグル「あれって?」
リリカ「ゴーニョゴニョゴニョサカナノコ……」
リグル「なるほど!」

Aは、何担当でしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-18

18.身を削る思いで…


幻想郷の生まれたてバンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
地底の異変も全然関係ない彼女達であったが、
新メンバー探しの方も、何の滞りも無かった。

リグル「なるほど! あいつと萃香の力を借りれば!」
萃香「そう! 更なるパワーアップが出来るかも!」
みすち「きりきり働いてもらわないとね! 軟骨砕身よ!」
ルナサ(違う……)
リリカ「おーしゃ! さっそく勧誘よー!」
メルラン(微妙に勘違いしてるみたいだけど、まぁ良いか)

誰の何をパワーアップさせるのでしょう。
ルールはウミガメのスープです。






アンケート番号R2-19

19.スナップを効かせるんだ!


幻想郷の一口で二度美味しいバンド、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
ファンクラブ会員も五桁の大台に乗り、ますますの成長ぶりを見せる彼女らであるが、
またもや、即戦力となる新メンバーを見つけたようである。

リリカ「いい音出してたじゃない! 是非演奏に加わって欲しいわ!」
A「あんな事、好きでやってる訳じゃないに決まってるだろ! 
  こんな事をしょっちゅうやるだなんて、うぅぅ……」
リグル「リリカ……流石にそれは……」
リリカ「やっぱり駄目?」
みすち「当たり前田のクラッカー」

Aは、何をどうやって演奏するのでしょう。
ルールはウミガメのスープです。





アンケート番号R2-20

20.コピーロボットに非ず


幻想郷の純情音楽隊、ムシトリ少女 with 騒霊シスターズ(略してムシシス)。
ナウでヤングなぴちぴちギャルばかり(幼女もいるよ)のバンドと言う事で、
日々アレやコレするファンが耐えない彼女達であるが、
この世界に未だ埋もれている才能を発掘する手も、日々動いていた。

A「ほら、コレを見てくれ。 こいつらをどう思う?」
リリカ「すごく……似ています……」
リグル「これは自分で?」
A「いいえ。 あの人の所で、ね。」

コレ、とは何でしょう。
ルールはウミガメのスープです。




1~10問目


21~30問目