※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート番号T11

香霖堂からアルバイト募集のお知らせ



証言者:森近霖之助
「本日のお昼から、永遠亭にとあるものを仕入れに行きたいんだ」
「しかし、相手はかの月の姫。どんな難題を出されるかわかったもんじゃない」
「そこで、仕入れを手伝ってくれる人を募集しようと思う」
「……え? 何を仕入れたいのかって? それはまだ秘密だよ」

というわけで12時から亀夫君問題+20の扉の複合問題を出したいと思います。
暇な人はこーりんを手伝ってあげてください。

ルール
  • 通常、移動時は亀夫君問題風で、イベントで東方キャラから20の扉問題が出題されます。
  • クリア条件は霖之助が仕入れたがっている「あるもの」を手に入れることです。
  • 霖之助もその場にいるので、ヒントとは別に霖之助に相談することもできます。
  • 20の扉は5問前後を予定してますが、進め方次第で出題数が変わるかもしれません




アンケート番号T11-1

蒐集家魂



証言者:森近霖之助
「この間、永遠亭主催の博覧会、月都万象展に足を運んだんだ」
「そこに出品されていたある物に、僕は惚れこんでしまった」
「蒐集家としての血が騒いでね、どうしても欲しくなってしまった」
「これからそれを手に入れるために、永遠亭に交渉しに行くんだけど……ところで、僕が何を欲しがってるか、わかるかい?」

まずは霖之助からの小手調べ
ルールは20の扉です






アンケート番号T11-2

出発・・・、その前に



「というわけで、これから交渉のために永遠亭に向かおうと思うんだが……」
―――おーい、こーりんー! いるかー?
「……厄介なのが来たな。おそらく魔理沙だ。幸い、まだ店の外にいるから居留守を使えないこともないが……さて、どうしよう?」

ここから次の20の扉までは亀夫君問題です。地球の写真を仕入れられるように霖之助を導いてください。






アンケート番号T11-3

新新難題


鈴仙に案内されて、永遠亭の客間に通された。
客間には永遠亭の主である蓬莱山輝夜嬢が待ち構えており、その傍らには従者である八意永琳が控えていた。

「ようこそ、霖之助様。本日はこの永遠亭になんの御用ですか?」

さて、問題はここからだ。何しろ相手はかの月の姫である。
普通の商談で終わってくれればいいのだが。

「ええ、実は、この間の月都万象展、そこに出品されていた、月から地球を写した写真に惚れこみまして……」


青年商談中……


「それでは、その写真がどうしても欲しいのですね?」
「ええ、無論、代価として相応の資金、あるいは僕の店の品物を支払うつもりです」
「いえ、代価も品物も必要ありませんわ」

そう言って、輝夜嬢は微笑んだ。

「この永遠亭から何かを持ち出したいのなら、私の出す難題に答えること。それが条件ですわ」
「難題、ですか?」
「そうね、あるものを三本持ってきなさい。これが私からの難題です」
「あるもの三本?」
「ええ、その三本のあるものと引き換えに、貴方の欲しがっている写真をお渡しいたしましょう」

……やはり、この交渉は一筋縄ではいかなかったようだ。
彼女のいう三本のあるものを持ってこない限り、写真は手に入らないだろう。

ここから、再び20の扉です
輝夜の言う三本のあるもの、それを当ててください

「あるものが何なのかを当てただけでは駄目ですよ。実際に持ってきてくださいね」