※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンケート番号T2

【伊吹萃香の百万鬼の扉】特設



5連続出題・5時間超の長丁場を成し遂げた、「伊吹萃香の百万鬼の扉」特設ページです。
かつてスレ住人たちが翻弄され、恐れおののいた難問の数々に敬意を表し、ここにこれを保存します。


【基本ルール】
(1)出題者がある物(人物、曲、スペカ等)を頭に思い浮かべる。
(2)解答者は出題者に「Yes/No」で答えられる質問をする。(例:人物ですか?) (例:永夜抄以降の作品に初出ですか?)
(3)解答者は、質問への回答をヒントに答えを考え、答えがわかった時点で解答を言う。 (例:それは○○ですか?) 解答も質問一つ分として数える。間違っていた場合、出題者は「No」と答える。
(4)20回の質問や解答で答えが出なかった場合、出題者は答えとトリップキーを発表。
(5)一問につき1.5時間以内に正解出来なければ、タイムアップ(延長なし)


【萃香ルール】
(6)問題数は5問だよ!!
(7)今回は中ボスは出てこないよ!!
(8)20回の未満の回答で正解に至った場合、残りの回答数をストックできるよ!!
(9)20回の質問で解答できなかったとき、回答のストックがあれば1ストック消費で1回回答できるよ!!
(10)5問中4問以上正解できたら、次の宴会(私主催とは限らないけど)も企画してあげるよ!!
(11)全問正解できたら、その後の夢で1回だけ、幻想郷へ行けるよ!!




アンケート番号T2-1

第一問【MORE THEN】


【問題】

                      ,.へ  _,.-
                      i __,.>'"/--、
                  ,.へ、__く___/ヘ7-  〈
、..,,__     rへ、__     /  _  7/ /ヽ____,ゝ
 ヽ、 \   ',   `ゝ-─'─-ィ'、_,.イ  /
   ',/ ゝ、_ i ,.ゝ'"        ゝ、,.イ、     
   ヽ、/  フ'     ハ   i  ヽ, ヽ、ヽ,\、
     `γ´  / i i  ',  i∠_、!',  ',  ', `7 
      ./,'  ,'/ ゝ、!、i   レ,イフ`Y、 i   |ゝ .i、__」 
     イ i  .!'ヽ! r!テ、!    l、__,ノノYヽ_」イ |   
      Lハ i.  ハ' ト_,}     /// | l | .| |    私の嫌いな物ってなーんだ?
     ,. -'─-!、! |〃  ´_,.--、   ,' / i | | 
    |____    |. ヘ、   ヽ   ノ  / ,' ハi. |
   i´_____)~~|ヽ、.|>.、._   _,.イ/ /i,.ァ__!.  |
   r{ _____.)  () |ヽ、', r' i/ ̄7 レ´,.'7  `ヽ、|
  /){ ____)  o | YVく⌒ヽnイ'⌒L/」 _    \
  '、_ゝ__ノ....,,,__,.|イ><{ノ__,.イ^ゝ、___ノY ィ'iヽ、.  _  ヽ,
       /7,'" ヽ7Y / i、 i ヽ、 ゝ、イ .| >'´   /
      //   / / へi  レ^ヽ `Y /    /|
    ,へi/   / イ 、       /' 7ヽ、ヽ、/|  |
   r─rヽ、_//「`'ー'─-...,,__/_  i ./ / .)'Y() .|  |





アンケート番号T2-2

第二問【FAKE】


【問題】
ある日、私は主から呼び出された。
何でも、私の行っていた行為によって、主の下に苦情が殺到したらしい。
しかし……私には、苦情がでるようなことをした覚えはとんとなかった。
訝しむ私に対して、私の主は険しい顔で、その「行為」について、語ったのだった。





アンケート番号T2-3

第三問【外の世界の……】


【問題】
ある日、私、霧雨魔理沙はおなじみ香霖堂へ遊びに来ていた。
しかし……私のような美女が着ていると言うのに、店主の奴は未知のアイテムに夢中だってのは、どうなのさ?
まあ、それは私が持ってきたものなのだが……
しばらくして、ふむ、と香霖の奴はアゴを指で摘んだ。考え事をするときの奴の癖だ。
きっと、鑑定が終わって、思索の海に入りこもうとしているのだろう。そうはいかない。
「それで、どうなんだ?」
「ん? ああ、だいたい、分かったんだが……ちょっと興味深いことがあってね」
「ほう?」
このアイテムは、最近になって幻想郷に大量にやってきたものだ。
それを、奴は興味深い、と言う。魔法使いである私が興味をそそられないわけがない。
「実は、このアイテム……名前と見た目が、まったく一致しないんだよ」
そう言って、香霖はそのアイテムの名前を、口にしたのだった。





アンケート番号T2-4

第四問【彼女の起源】


【問題】
とても、懐かしいものを見つけた。
ここから、私は始まった。
ここから、私が始まった。
不恰好なそれが、とても愛しく思えて。
私は、それを懐にしまいこんだ。

『それ』は何でしょう?





アンケート番号T2-5

第五問【補強】


【問題】
「これよ!!」
その文献を見て、思わず私は叫んでいた。
これの力を使えば、きっと私の弱点を補えるに違いない。
そう思った私は、早速実験の準備を始めたのだった。