※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウミガメのスープ 過去問集 43スレ目




永琳からのプレゼント


【状況】
1.えーりんが輝夜に誕生日プレゼントをあげました。
2.輝夜はプレゼントを窓から捨てました。
3.えーりんは泣きました。

【問題】
なぜ輝夜はプレゼントを捨てたのでしょうか?





うどんげで遊ぼう


【状況】
自然の迷宮と化している竹林の奥、永遠亭。
主である蓬莱山輝夜と従者である八意永琳は暇を持て余しながらTVを観ていた。
(・・・暇~・・・暇~・・・ミマ~・・・)
意味不明な思考をしながら永琳はぼんやりと、それとは対称的に
輝夜は食い入るようにTV画面を見つめている。映し出されているのは、
お笑い番組でも求人情報でもない・・・・・・CMである。
(・・・・・・?)
それにわずかながら疑問を抱きつつも、永琳は主の言葉を待つ。
このような状況では、でしゃばるまでもなく姫から話しかけられる場合が多いからだ。
「ねぇえーりん」
「はい、なんでしょう。」
その予想は大きく当たり、その次の言葉は大きく予想を外れた。
「これ、本当かどうか実験してみない?」
「・・・・・・・・・はい?」

~少女実験中~
「ハァ・・・ハァ・・・も、もう身体が、もちまぜぇん」
「うどんげ、まだまだ数が多いのよ。頑張りなさい。一応は元軍人でしょ?」
「む、無理でずって、あふぅ! 休ませてぇ・・・」
「頑張りなさいうどんげ、姫のため、しいてはこの永遠亭のためなのです」
「ひ、姫の暇つぶしでしょ~っててゐ?! さすがにその子は大き―――ひぎぃ!!」
「頑張ってねうどんげ、まだ十分の一もいってないんだから」
「ぞ、ぞんなぁ・・・」
「でもやっぱり、うちの因幡達じゃなくて人間じゃないと駄目なのでしょうか・・・人里に応援要請かけようかしら」
「っ! それは流石に無理でずがら~」

【問題】
CMにヒントを得た輝夜が提案し、鈴仙が実験台に抜擢されたこの実験の内容とは?


・・・長い上に二次設定入りすぎすまん。あとかなり分かりづらい問題です。






たまにはマジギレします


【状況】
殺意などという感情とは無縁だと、魂魄妖夢は考えていた。
つい、今しがたまでは。
「こ、これは、いくら私でも!」

つい今しがたまでは、彼女も歓喜に満ち溢れていたというのに。
彼女の怒号が台所を蹂躙した。

【問題】
魂魄妖夢は誰に怒っている?
どうして怒っている?



逃亡者


「くっ、何処行ったのかしら」
「今なら手加減抜きの全力でぎったんぎったんにする程度で
許してあげますから大人しく出てきなさい!」
追っ手の怒号が飛び交う中、彼女は懸命に逃げ隠れていた。


出題者の返答を元に、彼女が追われている理由を推測してください。

なお、一部の情報の特定に東方以外の知識を要します。
(重要な情報ですが、問題を解く上で絶対に特定しなければならない訳では有りません。
やり方次第では無視して解く事も可能だと思われます)






薬も良し悪し


【状況】
そんなことが起こるなどと、八意永琳ほどの天才であろうと予測できなかった。
因幡達は倒れ伏し、てゐの服が焦げ、鈴仙は頭から障子に埋まっている。
人(?)的被害だけではない、ふすまや障子、掛け軸なども焦げたり燃えたり破れたり。
その原因を作った二人は、既に永遠亭には居なかった。
無数の破壊の跡を竹林にまで刻みながら、彼女達は消えた。
「まさか・・・私の作った薬でこうなるなんて」
そう呟く永琳の手には、小さな小瓶が握られていた。

【問題】
原因を作った二人とは?
どうしてこのような結果になった?




厳然たる事実


【状況】
レミリア「バカ!バカ!中国の馬鹿!!自分は大丈夫だからって!」
ドギャ、バギィィ
美鈴「お、お嬢様、私は事実を述べたまでで!それから私の名前は!!」
フラン「中国のバカーーーーッ!」
ズドベギィィッ!
美鈴「妹様までーーーーーーー!」
【問題】
中国(美鈴)は何を言ったのでしょう。

【雑談】
この問題はありかなぁ…。