※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《魔界》

No.555 Command <第七弾
NODE(3)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなたのデッキの上のカード4枚〕を公開し、その中に含まれている種族:魔界人を持つキャラクターカードを全て手札に加える。それ以外のカードは任意の順番でデッキの下に戻す。

(自動β):
 〔このカード〕があなたの冥界にある場合、〔あなたがプレイする種族:魔界人を持つキャラクターカード〕の必要ノードとコストは-1される。

「この魔界にあるものは全て私が創ったのよ」

Illustration:CircleK

コメント

種族:魔界人専用のサポートカード。
使用時はサーチ効果が、使用後は永続でプレイコストの補助効果が得られる。

使用時のサーチ効果は、香霖堂と比べて目的とするカードが複数枚あった場合それら全てを引ける点と、それ以外の全てのカードをデッキの下に送る点が特徴的。

後者はその分だけデッキ圧縮効果が高い事を意味するが、一枚も該当するキャラクターカードが無かった場合カード消費になってしまうという事も意味し、有用なスペル・コマンドをデッキの下に送ってしまうリスクもその分高い。
ノード・コストの低さを考えれば有用な効果ではあるが、あくまで補助程度に留めておくべきだろう。

このカードの本質は使用後の効果の方にある。
冥界にある限り、それ以降の魔界人のプレイが飛躍的にサポートされる。
魔界人を持つキャラクターはプレイコスト1以下がほとんどなので、「神綺」以外のキャラクターは全員コスト0でのプレイが可能となる。
その神綺/7弾ですら、3枚落ちた状態ならN4C1で出す事が可能になる。

冥界にさえあれば良いので、上記のサーチ効果を使いたくないor使う必要が無い場合でもノードにセットして破棄する事でも使用可能。
かつ、相手には一度落ちたコマンドカードを除外する手段は無縁塚などに限られる為、ある程度安定して効果を得る事が出来る。

絶対必須というほど依存せず、かといって無視して良い弱さでもない。
使う側に都合が良いサポートカードで、相手には悩みの種である。


関連