※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《太歳星君の影》

No.562 Command <第七弾
NODE(4)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動α):
 〔このキャラクター〕はアクティブフェイズの規定の効果でアクティブ状態にならない。

(相手ターン)(2):
 〔このキャラクター〕をアクティブ状態にする。

攻撃力(+3)/耐久力(+3)

「ふっふっふ、私の伝説を作る為にそこまで用意してたなんてね…」


コメント

非常に高い戦闘修正を得られるが、アクティブフェイズアクティブにならないというデメリットを持つ装備

一応相手ターンの起動効果によりアクティブになる事は可能だが、その度に2コストという結構なコストが掛かってしまう。
毎ターンアクティブにする必要が無いとしても、実質的なコストを考えれば素直に他の装備などをセットした方が使いやすいだろう。

ただし、相手ターンの起動効果は1ターンの使用回数に制限が無い為、コストを支払う事さえ出来れば何度でもアクティブになれるという事でもある。
相手ターンにアクティブになれてもブロッカーとしてぐらいにしか使えないが、湊符『幽霊船の港』符ノ壱“紅 美鈴”のようなブロッカーキャラの真似事が出来ると考えれば面白いカードではある。
また符ノ弐“パチュリー・ノーレッジ”のような相手ターン限定のスリープ起動効果を持つキャラならコストの数だけ使える事にもなる。

アクティブ状態のキャラクターにセットすれば一度だけは普通に攻撃・防御を行えるので、ノード4コスト1の使い捨て戦闘修正と割り切って使うのも一つの手かもしれない。

その性質上、木符『シルフィホルン』の効果とは噛み合うが、アクティブにする為に戦闘力が下がっているので実質+1/+1になり微妙。


関連