※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《大将棋》

No.564 Command <第七弾
NODE(4)/COST(2)
効果範囲:その他
発動期間:装備

【装備/場】 維持コスト(3)

(自動α):
 〔全てのプレイヤー〕はダメージを受けない。

(自動β):
 〔このカード〕がプレイされて場に出た場合、〔手札が4枚以上のプレイヤー〕は手札を3枚になるまで破棄してもよい。〔手札が3枚未満のプレイヤー〕は手札が3枚になるまでドローしてもよい。

(自動γ):
 〔全てのプレイヤー〕は、自分の手札が10枚以上になった場合、敗北する。

「…こ、ここは将棋で決着をつけない?」
「え、えぇいいですよ」

Illustration:葉庭

コメント

ゲームの勝敗を決める要素を一変させてしまう装備/場

まず(自動α)により、ダメージが入らなくなり、戦闘や火力による勝利はできなくなる。
そして(自動γ)により、「手札が10枚以上になった場合敗北する」という新たな敗北条件が設定される。

維持コスト(3)があるため長期間の維持は困難とはいえ、バーンやビートダウンデッキはこれ1枚で手が止まってしまうだろう。

手札の上限枚数は変わらないため(自動γ)の発生条件をみたすことは早々ないが、強引な取引などのドロー効果やバウンス系カードを撃たれると手札が10枚以上になることは十分ありうるため注意が必要。

  • (自動α)により「ダメージを受ける。その後~」「ダメージを受けた場合」などの効果は解決できなくなる。その手のカード代表の新史『新幻想史 -ネクストヒストリー-』をこれを出しておきながら使う状況があるかは怪しいが。
  • ちなみにデッキがなくなると普通に負ける。それを忘れないように。
  • 2010/08/14に施行されたエラッタにより、維持コストが(2)から(3)になった。
    • これだけのロックカードが、毎ターンのノードセットだけで維持されてしまうのはやはり強力過ぎたということだろう。
  • イラストに描かれている河城 にとりの関連カード郡とは多くのシナジー・アンチシナジーを形成する。


関連


※特殊敗北効果を持つカード