※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《レミーク》/俗語


コメント

第三弾発売当初に存在した、奇術『エターナルミーク』と符レミリア(壱符弐符)を組み合わせたコンボの通称、およびそれを用いたワンターンキルデッキの名称。

当初の奇術『エターナルミーク』は「デッキから壱符または弐符のキャラクターを場にアクティブで出す」という強力なものであり、それを符ノ壱“レミリア・スカーレット”と組み合わせる事で高い爆発力を発揮する。
ターン終了時には消えてしまうが、大抵はスペルブレイク神槍『スピア・ザ・グングニル』などと組み合わせてそのターン内にライフを削り切る事でそれを克服していた。

このコンボの凶悪な点は、「十六夜 咲夜」を術者に据える事でミークの高いコストを解消するだけでなくコンボ成立を飛躍的に早め、さらに空虚『インフレーションスクウェア』も組み合わさる事でコマンドによる対策さえも封じてしまえるという万能性があった。
特にいぬさくやはそのノードの低さからワンターンキルさえも可能になってしまうのだから、その凶悪さは推して知るべし、といった状況だった。

  • 当然と言うべきか、その後のエラッタにより奇術『エターナルミーク』が弱体化し、当時のようなとんでもない爆発力は無くなった。


関連