※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《既に発生している効果/ルールリファレンス》

4.効果に関する補足
●既に発生している効果

1.
既に解決された効果は、指定された期間の間であれば、その効果の解決後に後から条件を満たす対象が発生した場合、その対象にも効果が適用される。
(ex.「ノイズメランコリー」を「種族;妖精」を対象に効果を解決した後、手札からプレイされ場に出た「チルノ」もその効果を受ける)

2.
効果の解決時には条件を満たしていた対象が、その効果の期間中にその条件を満たせなくなった場合、その効果を受けなくなる。
(ex.「ノイズメランコリー」を「種族:妖精」を対象に効果を解決した後、
既に場に居る「チルノ」に「浸蝕」を使用し種族を失わせた場合、「チルノ」は「ノイズメランコリー」からの効果を受けなくなる)

 「既に発生している効果」とは主に「ターン終了時まで~」等といった、
解決してからしばらくの間効果を発揮し続ける効果を指す。

 その効果が発揮されている期間中であれば、「既に発生している効果」を発生させたカードの解決時には
条件を満たしていなかったカードであっても、あとから条件を満たせば影響を受ける。
逆に、解決時に条件を満たしていても、条件を満たさなくなったら影響を受けなくなる。

 前者は「ターン終了時まで~」という効果の解決後にカードをプレイした場合に頻発するし、後者は覚醒等の「対象(目標)にならない」効果を使うことで良く見られる。

関連