※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《是非曲直庁の威令》

No.462 Command <第六弾
NODE(4)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔プレイされたスペルカード、またはコマンドカード1枚〕のプレイを無効とし、破棄する。

「死後の生活を良い物にしようという考えが、人生を善い物にする唯一の方法だと知れ!」

Illustration:chink

コメント

相手のスペルカード、コマンドカードを無効にするコマンドカード。
いわば作戦阻止ディゾルブスペルを一緒にしたようなカウンターカード。

似たタイプのカウンターである断罪裁判と比べ、その汎用性の高さの割にコストが元となるカウンターと同じである事が最大のメリット。
これによりノードの高さ以外は作戦阻止と同じような感覚で扱う事が出来、効果は上位互換である為非常に取り回しやすい。

速いデッキを相手にする場合など、そのノードの1点差が仇になる事もあるので過信は出来ないものの、少なくとも現存するカウンターカードの中では群を抜いたカードパワーの高さを持つカウンターである事は間違いないだろう。
コントロールデッキの新たな戦力であり、またそれ以外のデッキであってもその取り回しやすさと汎用性は非常に便利な戦力として期待出来る。

このカードも断罪裁判魔力掌握と同じく、ディゾルブスペルの「無効化されない」効果とは使い分けとなる。
ただしこのカードの場合、これ自体が作戦阻止との無効合戦を可能とする(コスト面でも互角に張り合える)という点が大きく異なり、その分他のカウンターに比べて大きく有利である。

なお、7弾においてサラ/7弾の登場により、作戦阻止ディゾルブスペルならばプレイできるのに、このカードであるがゆえにプレイできない、という局面もあり得るようになった。相手のデッキ次第ではあるが、頭の片隅にとどめておいていい事項である。

亜種に十王の激怒が登場したが、運用法が異なるのでこのカードの地位は揺らがないだろう。

  • 近年さらに評価が上がっているらしく、マナチャージもロクに入れないほどの速攻デッキでもなければグッドスタッフ、コントロール問わずほとんどのデッキに採用されている。ある意味強引な取引マナの生成の仲間入りをしたと言える。
  • 読み方は「ぜひきょくちょくちょうのいれい」。


関連