※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《渾天儀》

No.461 Command <第六弾
NODE(4)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】

(自動α):
 〔あなた〕がスペルカードの効果によって手札をX枚破棄する場合、代わりにデッキの上のカードX枚を破棄しても良い。

(自動β):
 〔このカード〕は相手キャラクターを目標にプレイできる。

攻撃力(-1)/耐久力(-1)

「どれどれ?『著作 八雲…紫』?げげ、渾天儀って、もしかしてあいつが作った道具だったのか?」

Illustration:くろな

コメント

スペルカードによる手札の破棄をデッキで代用する事が出来るようになる装備

装備なので場にキャラクターの存在が必要となるが、その代わりセットしたキャラクターが場にいる限り継続的に恩恵を得られるのが特徴。戦闘力こそ下がるものの、セットしたキャラクターがただ存在するだけで効果を発揮するのもポイント。

恋符『マスタースパーク』脱兎『フラスターエスケープ』旧史『旧秘境史 -オールドヒストリー-』などの手札コストが必要となるスペルカードの代わりとなるので、銀ナイフのような他の手札コスト代用カードと合わせてデッキ単位で統一すれば複数回使えるメリットを生かせるだろう。

また相手の光撃『シュート・ザ・ムーン』などのスペルカードによるハンデスに対して対抗策にもなる。
対策カードとしては効果が局所的過ぎるのでそれを目当てに採用する事は少ないだろうが、使い方の一つとして覚えておいて損は無いだろう。
日符『ロイヤルフレア』の場合、前述の手札コストの代用と手札破棄の無効化を一枚でこなしてしまうので、相手の手札のみを空にさせるコンボとして運用出来るようになり強力。

二番目の自動効果により、装備カードでありながら相手キャラクターに貼り付ける事が出来るという性質も持つ。
いわば秋の女神のように「1点火力を内蔵したメリット装備」と言えるが、このカードはそれだけでなく装備のルールにより相手キャラクター一体に対する装備セットを妨害するという使い方も出来る。
ただし、セットした後は相手に上述の手札コスト代用効果を使われるリスクがあるのは忘れないようにしたい。


公式Q&Aより

  • Q150.「No.461 渾天儀」を自分のキャラクターに装備した状態で、相手の「No.207 シュート・ザ・ムーン」が解決された場合、デッキの上のカードを代わりに破棄することは出来ますか?
  • A150.はい、出来ます。その場合、手札を公開し破棄するカードを確定した時点で「No.461 渾天儀」の自働効果を適用するかを選びます。デッキの上のカードを破棄した場合、「No.207 シュート・ザ・ムーン」のXはその破棄したカードのコストを参照します。

  • Q151.手札を全て破棄する効果に対して「No.461 渾天儀」の自働効果は適用できますか?
  • A151.はい、出来ます。破棄する時点での手札の枚数をXとします。


関連