※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《天呪「アポロ13」》

No.442 Spell <第六弾
NODE(2)/COST(1) 術者:八意 永琳
効果範囲:その他
発動期間:世界呪符

【世界呪符】

(自動α):
 〔相手プレイヤー〕は、冥界のカードを手札に加えた場合、(4)支払う。支払うことが出来ない場合、相手プレイヤーは〔自分の場のカード2枚〕を破棄する。

(常時)(1)(S):
 ターン終了時まで、〔相手プレイヤー〕は冥界にあるキャラクターカードを場に出す事が出来ない。

1970年4月13日、ケネディ宇宙センターから発射されたサターンV型ロケットの機械船の酸素タンクが爆発した。

Illustration:Capura.L

コメント

八意 永琳のスペルカード
相手の冥界利用を妨害する世界呪符

1つ目の効果はカード回収の際に4コスト支払わない限り、場のカードを破棄させる自動効果
相手はカード1枚の回収に4コスト余計に支払うか場のカード2枚を犠牲にすることを迫られることとなり、そうした効果を使い辛くなるだろう。
しかし、冥界からのカード回収を相手が重視していない場合は意味がない。

2つ目の効果はリザレクションなどのリアニメイトに有効な起動効果。特に霊符『古き地縛霊の目覚め』においては自分、相手のどちらが使用する場合であっても有用であり、
  • 相手の使用に対する抑止
  • こちらの使用の際のデメリット軽減
という効果がある。
また「冥界にあるキャラクターカードを」という記述であるため、どちらのプレイヤーの冥界からも、相手プレイヤーはキャラクターカードを場に出すことが出来ない。
再思の道などこちらの冥界を対象にしたカードで場に出すことを制限できる一方、冥界にあるスペルカードコマンドカードなどを解決して幻想生物など「キャラクターだがキャラクターカードではないもの」を場に出すことは制限できない。

  • 一つ目の自動効果について、テキストは「支払っても良い」ではなく「支払う」なので、相手は4コストを支払えるならば必ず支払わなくてはならない。逆に、ノードが3枚以下などでどうしても支払えない場合、「支払うことができない場合~」の記述に従い以降の効果を解決する。
    • ノードが3枚以下で、場のカードが2枚未満であるならば、効果の解決に失敗し1枚も破棄しなくて良い。


公式Q&Aより

  • Q133.「No.442アポロ13」が相手の場にある時に、デッキまたは手札から「No.286 銀ナイフ」が破棄され自働効果により手札に戻る場合、「No.442アポロ13」の(自動α)効果は適用されますか?
  • A133.はい、一旦冥界に置かれた後に手札に戻るため、適用されます。
    • コメント
      • 一度でも冥界に置かれたカードであれば、それを何らかの効果で手札に加える場合「アポロ13」の(自動α)が発生する。

  • Q169.冥界のカードを裏向きにして場に出す効果に対し、「No.442 アポロ13」の常時効果が解決されていた時、裏向きで場に出すカードがキャラクターカードの場合、場に出す事は出来ますか?
  • A169.いいえ、出来ません。場に出す効果の解決に失敗します。


関連