※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《鳥符「ヒューマンケージ」》

No.425 Spell <第六弾
NODE(2)/COST(1) 術者:ミスティア・ローレライ
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔「種族:人間」を持つキャラクター1枚〕をあなたの場に移す。

(自動β):
 〔あなたの場の「種族:人間」を持つキャラクター全て〕は、あなたの冥界にある
「ヒューマンケージ」1枚につき「戦闘修正:-1/-1」を得る。

人を誘い込む闇夜の鳥籠。

Illustration:芋川

コメント

ミスティア・ローレライのスペルカード
種族:人間に限定した離反工作といえるか。

種族:人間であればこちらの場に移せる上、それが場を離れると効果を失った離反工作と違い奪い返される心配も少ない。種族:人間には採用率の高いキャラクターカードが多数居るので強力なメタカードになるだろう。

が、その手軽さの代償として自分の場の種族:人間全体に対するマイナス修正を与える(自動β)を持つ。
この(自動β)は「場以外にあっても発揮される効果」である。よって冥界にある全ての鳥符『ヒューマンケージ』がこの効果を発生させるため、n枚の鳥符『ヒューマンケージ』がある場合自分の場の種族:人間のキャラクター全ては「-n^2/-n^2」の修正を受けることになる(解説は後述)。
最大3枚が冥界に落ちた場合「-9/-9」修正となるため、一部を除く殆どの種族:人間決死状態になってしまう。無縁塚等で冥界鳥符『ヒューマンケージ』を除外してやればデメリットを無くす事は出来るので余裕があれば狙ってみよう。

(自動β)効果が『冥界にある「ヒューマンケージ」1枚につき』と枚数をカウントしているため、因縁の魔障によって無効化が可能。相手側の人間を奪いつつ弱体化を防ぐことが出来る上、起動効果を使っていけばヒューマンケージそのものを除外してしまえる自己完結コンボが成立する。


公式QAより

  • Q120.No.425 鳥符「ヒューマンケージ」が冥界に複数ある場合、1枚ごとに戦闘修正を得るのですか?
  • A120.はい、その通りです。仮にNo.425 鳥符「ヒューマンケージ」が冥界に3枚あった場合、合計で「戦闘修正:-9/-9」を得ます。
    • コメント
      • こうなる理由は以下の通り。

【ケージが1枚の場合。X=1】
[-1/-1]

【ケージが2枚の場合。X=2】 
[-2/-2] [-2/-2] → 合計[-4/-4]

【ケージが3枚の場合。X=3】 
[-3/-3] [-3/-3] [-3/-3] → 合計[-9/-9]
                    (2chVISIONスレPart3>>213改)

つまり、冥界にある鳥符『ヒューマンケージ』それぞれが
「ヒューマンケージ」の枚数を参照する為-(X^2)の修正を受ける。

関連