※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《アドバンテージ》/俗語

コメント

Advantage(優位、有利、利益)、様々な要素において相手よりも良い状態、状況のことを指す。元はMTG用語。
早い話が損得勘定であり、様々なアドバンテージを得ることで勝利に結びつくとされる。
対義語はディスアドバンテージ。こちらは相手よりも悪い状態、状況のことである。
個々が独立しているわけではなく、一方のアドバンテージを得る代わりに他方のアドバンテージを失うカードも多い。

例えば離反工作は、ハンド・アドバンテージを1失うことで相手のキャラクターを自分の場に移す、つまりボード・アドバンテージを2得ることができるカード。
コストが5であるため代償としてノード・アドバンテージを失うが、相手がプレイしたキャラクターに使用する場合は相手のノード・アドバンテージを奪ったという考え方もできる。
このように細かく考え出すと少々複雑ではあるが、デッキ構築・プレイングの両面で頭に入れておくべき概念であるといえる。

以下に各アドバンテージの概要を記す。


カード・アドバンテージ

「使用可能なカード」の数におけるアドバンテージ。手札、場のカード、ノードの総数で考える。
基本的にはもっとも優先するべきアドバンテージとされる。
カード・アドバンテージは更にハンド・アドバンテージとボード・アドバンテージ、ノード・アドバンテージに分けて考えることができる。

ハンド・アドバンテージ

「手札のカード」の数におけるアドバンテージ。手札が多ければ多いほど行動の選択肢は増えるため、基本的には多ければ多いほど優位に立てる。
ただ、多ければいいというものではない。
極端な例を挙げれば、初期手札と序盤に引いたカードの必要ノードが5以上のもののみであった場合、毎ターンノードを溜めても5ターン目まで何もすることができない(→事故)。

初期手札は等しく7枚。ノードを手札からセットする必要があるため、基本的に手札は少なくなることが多い。
1枚使って2枚ドローする強引な取引は1コストでハンド・アドバンテージを1増やせる非常に優秀なカード。
また、1ドロー効果を持つ紅葉狩りや、サーチ効果を持つパチュリー・ノーレッジ/9弾なども実質手札が減らないのでデッキによって採用される。

キャラクターカードは手札から場に出すため、基本的には後述のボード・アドバンテージと合わせてカード・アドバンテージとして考えることが多い。

ボード・アドバンテージ

「場に出ているカード」の数におけるアドバンテージ。キャラクターとノード、世界呪符や装備・呪符の総数で考える。
ハンド・アドバンテージが目に見えない脅威なら、こちらは目に見える脅威。キャラクターが数多く並んでいれば、相手は攻撃によるダメージや能力を考慮にいれて行動しなければならなくなる。

VISIONでは、基本的に1ターンに出せるキャラクターは1体のみ。そのため、ターンごとのボード・アドバンテージは重要な要素となる。
奇襲人形幻想生物など追加で出せるキャラクターを場に出したり、死符『ギャストリドリーム』爆符『メガフレア』などの除去カードで相手のキャラクターを除去し、相対的にボード・アドバンテージを得たりと方法は様々。

恋符『マスタースパーク』等はノードと世界呪符以外のボード・アドバンテージを0同士にするため「リセットカード」とも呼ばれる。

ノード・アドバンテージ

「所有するノード」の数におけるアドバンテージ。
ノードは1ターンに1枚までしか溜めることができないという制約がある。
更にノードは基本的に使ったら減ってしまうため、この制約を破るマナチャージ所有キャラクターやマナの生成は大半のデッキにおいて必須カードとされる場合が多い。

また、初心者は忘れがちだがグレイズシステムも重要な要素。
相手プレイヤーに攻撃を与えなければデッキアウト以外に勝つ方法は無いのだが、攻撃することは相手にグレイズによるノード・アドバンテージを与えることにも繋がる。不用意な攻撃は手痛い反撃を受けるので慎重に考えよう。

コントロールパーミッションにおいては特に重要視されることが多い。
思念の看破もなくノードが2以下ならば使用可能なカウンターカードは十王の激怒くらいであるため、相手はキャラクターカードのプレイを無効化される心配がなくなるためである。

ライフ・アドバンテージ

「ライフポイント」の数値におけるアドバンテージ。
TCGを始めたばかりのプレイヤーはこのアドバンテージを最重要視することが多い。
基本的には、ライフ・アドバンテージよりもカード・アドバンテージの方が重要であるとされる。
先述のグレイズとノードの問題もあるため、ライフ・アドバンテージに固執しすぎて無闇に攻撃したりライフ回復カードを重用しすぎたりすると痛い目にあう。
ただ花符『幻想郷の開花』+奇跡『神の風』などのコンボもあるため、どのようなデッキを扱うかによっても変わってくるだろう。


情報アドバンテージ

手札やノード、デッキの中身などの非公開情報を知ることで得られるアドバンテージ。
例えば情報戦光撃『シュート・ザ・ムーン』などは、ハンデスの副次効果で相手の手札を確認できる(→ピーピング)。
相手の手札やデッキの内容が分かれば、相手の戦術を予想することができる。特に手札を確認することは相手が次にどう動くかを予測し、こちらの戦術を立てやすくなることに繋がる。

スカウティングと呼ばれるこれから対戦する可能性のあるプレイヤーのデッキを偵察する行為は、大会で行った場合発覚した時点で反則負けとなる。絶対に行わないこと。

関連