※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《八雲 藍》

No.035 Character <第一弾
GRAZE(2)/NODE(6)/COST(3) 種族:妖怪/獣

(自動α):
 〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのスペルカード、コマンドカードの効果の目標にならない。

(自動α):
 あなたの場に「八雲 紫」がいる場合、〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+4/+6」を得る。

攻撃力(4)/耐久力(4)

「紫様の方程式は私に無敵の力を与えてくれる。それが紫様の式神ということだ」
(PR.024:「おおう、人間発見」)

Illustration:てんぷら(PR.024:芋川


コメント

スキマ妖怪の式。
単体でスペル、コマンド耐性を持つ貴重なキャラ。
第九弾の登場で評価が飛躍的に上がったカードだろう。詳細は八雲 紫/9弾で。

除去されにくいという点において非常に優秀であるが、ノード・コストの割に戦闘力は低めなので何らかのフォローが必要になる。メインに据えるのならば、お供として「八雲 紫」を出すか、セットカードで戦闘力を補うと良いだろう。
逆に、ある程度の戦闘力を持ったこのカードはかなり止めづらく、フィニッシャーとしても十分やっていけるスペックを持っている。コマンドカードも防げるので、ただ夢符『二重結界』を貼り付けただけの大型キャラクターには留まらない。死符『ギャストリドリーム』緑眼のジェラシーのような除去カードから離反工作のようなコントロール奪取カードだろうと全く受け付けない。

特に紫とは式神『八雲 藍』八雲 紫/9弾の起動効果よるシナジーもあるため、紫を出してから呼び出すことも視野に入れると飛躍的に戦略の幅が出る。ただその場合、紫の方が除去されてしまうと効果を失ってしまうという欠点がある。
そこで、呪符でありながら非常に高い補正値を持つ借符『大穴牟遅様の薬』、あるいは無難に白楼剣ミニ八卦炉のような各種のコマンド装備に頼るというのも有用な選択肢の一つとなる。余裕があるなら併用してやっても構わないだろう。
もちろん、再び紫を場に出して体制を整えても構わない。いざとなれば名称を自由に変えられる符ノ壱“霧雨 魔理沙”の採用を考えても良いかも知れない。

目標を取らない効果は受けてしまう点に注意。恋符『マスタースパーク』征服の果てに恐ろしい波動などからは逃れられない。また十六夜 咲夜/1弾因幡 てゐ/1弾などのキャラクター効果も逃れられない。
その耐性能力は強力とは言え絶対ではないので、過信すると手痛い反撃を受ける事もあるだろう。パンプアップ効果も紫が居なくなると消失してしまうのでこのカードの戦闘時に紫が除去されてしまうのも痛手となる。

  • この手のカードにありがちな「目標を取るか取らないか論争」は、とりあえずテキストに「目標」の文字があれば解決する。どうしても不安ならQ&Aなどをきっちりチェックしておくと良いだろう。
  • エンパシー八雲 紫/9弾と対応している。今までは「八雲 紫」と一緒に場に出す事が式神『八雲 藍』を用いなければ難しかったが、これを使えば8/10となったこのカードを容易に場に出す事が可能になった。八雲 紫/9弾自身も「八雲 藍」を呼び出す効果を持っているので非常に相性が良い。

関連


※名称に「八雲 紫」を含むカード

※「八雲 藍」を参照するカード