※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《人形潰し占い》

No.420 Command <Special Collection Vol.2
NODE(4)/COST(1)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔「人形」を持つキャラクター1枚〕を破棄する。破棄した場合、あなたのデッキを全て見て、「連結」を持つカード1枚を抜き出し、相手プレイヤーに見せてから手札に加えても良い。その後、デッキをシャッフルする。

「お前の人形潰し占いは信用できないぜ」
「そんな占いやったこと無いわよ!」

Illustration:影吉郎

コメント

目標の場の人形キャラクターを破棄する事で、デッキから連結持ちのカードをサーチするコマンド。

【連結】であればキャラクター・スペルどちらでもサーチ出来る為、主軸とするデッキなら人形と共に投入するのも悪くないだろう。
連結を多用するデッキであれば倫敦人形を無理なく採用できるため、実質的に1対1交換も可能で使い勝手は良い。
ただし、その倫敦人形自体が既に同じ事をしているため、余程多数の連結を持つカードをデッキに入れない限りは、4枚目以降の倫敦人形という扱いを出ないか。

またこのカードは相手の場の人形を取れるのが最大の特徴。
相手の場の人形ブロッカーを破棄すれば、自分の場に人形がいない場合のフォローが効く上にサーチカードでありながらカードアドバンテージを得る事も可能となる。人形がブロックした時に干渉でプレイすれば、攻撃を通すことも可能。
ただし、相手のゴリアテ人形ドールミラセティドールクルセイダーを目標にしても自壊されてしまう。
連結のカードパワーの上昇から倫敦人形の採用率は決して低くはなく、また鍵山 雛/7弾のような存在もあるので、思わぬアドバンテージを稼いでくれるかもしれない。

ただし、禁呪の詠唱チーム戦操『ドールズウォー』のようにデッキ単位で人形を多数積むデッキならまだしも、それ以外の場合はサーチカードでありながら単体では腐ってしまう可能性は十分考えられるため、過信は禁物である。

【連結】を持つカードがデッキに無くとも使う事は出来るので、人形専用の除去カードとして使えなくも無いが、そこまでするなら素直に人界剣『悟入幻想』死符『ギャストリドリーム』で除去した方が早いだろう。


関連