※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《外力「無限の超高速飛行体」》

No.406 Spell <Special Collection Vol.1
GRAZE(5)/NODE(2)/COST(2) 術者:八雲 紫

【連結 (罔両「ストレートとカーブの夢郷」+魍魎「二重黒死蝶」)】

【幻想生物】 速攻 先制 貫通

(自動α):
 〔このキャラクター〕はあなたのスペルカード、コマンドカードの効果の対象にならない。

(自動γ):
 ターン終了時、〔このキャラクター〕を決死状態にする。

攻撃力(9)/耐久力(1)

全てを貫き、超高速で直進する未知の物体を召還する。

Illustration:えう

コメント

【連結】(ユニオン)を持つスペルカードの一枚。
いわゆる歩く火力というべき性能を持つ幻想生物

同様の効果を持つ魂魄 妖忌/1弾に比べ、メリット・デメリット共にさらに尖った性能になっている。

メリットとしては、ノードが非常に低くかなり早い段階から場に出せ、また貫通を所持している為蓬莱人形リグル・ナイトバグ/1弾などの低戦闘力のブロッカーに対して強いというものがある。速攻を持つので出した瞬間攻撃しに行けるのも強力。
耐久力は1と心細いが、攻撃力9の先制まで持つので戦闘で負ける事は少ないだろう。

デメリットとして、自分のコマンド・スペルの効果を受けないという自動効果を持つため戦闘力修正や奇術『ミスディレクション』などによるダメージの底上げが行い辛く、またターン終了時の破棄を防ぐ手段が非常に限られる為再利用がほぼ不可能で、ブロッカーに使う事も出来ない、などが挙げられる。
またグレイズが5と極めて高いので攻撃自体のリスクも高く、序盤から気軽に殴りに行けないのも辛い。

場合によってはノードが2なのもデメリットに成り得る。恐ろしい波動などで簡単に除去される他、春乞いの儀式に至ってはこのカードを決死状態にされたうえに相手のノード加速を助長してしまう。
不意打ちにも弱いので、基本的に小型速攻対策カードが見事にこのカードへのメタになってしまっている。連結の元となるスペルカードもお世辞にもこのカードの性質と噛み合っていると言い難く、有効活用するには工夫が必要となるカードだろう。



関連