※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《禁呪の詠唱チーム》

No.411 Character <Special Collection Vol.2
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(3) 種族:人間/魔法使い

【連結 (「霧雨 魔理沙」+「アリス・マーガトロイド」)】

先制 マナチャージ(1)

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、あなたのデッキを全て見て、「人形」を持つキャラクターカードを2枚まで抜きだし、あなたの場にアクティブ状態で出しても良い。その後、デッキをシャッフルする。

攻撃力(6)/耐久力(4)

(敵が来てるわよ?)
「はいはい、さっさと倒すぜ」

Illustration:茨乃
テキスト修正@2011/02/09

コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
霧雨 魔理沙/1弾アリス・マーガトロイド/5弾の採用率の高さも相俟って、ユニオンカードの中では比較的運用し易いカードである。

その性能は速攻を失った以外は概ね霧雨 魔理沙/1弾の強化版といった所で、主に攻撃・グレイズ面が改善されている。耐久が4になり地霊殿をはじめリリカ・プリズムリバー/11弾耐性が出来たのも特徴。
攻撃回りが改善された事でマナチャージの存在がやや薄れてしまったが状況によって使い分けて行きたい所である。

また、場に出る際の自動効果も強力でデッキから人形を持つキャラクターカードを2枚まで抜き出しアクティブ状態で場に出せる。
単純にブロッカーを二枚水増し出来るだけでなく、魔操『リターンイナニメトネス』のような各種人形を必要とするカードのサポートとしても機能するだろう。
またコマンドやキャラクター効果に対して壁になる鍵山 雛/3弾、小~中型のアタッカーを封殺出来るメディスン・メランコリー/1弾即死を持つメディスン・メランコリー/11弾辺りをサーチ出来ればそれ単体でも戦力として期待出来る。メイベルの効果を次の相手ターンで使用できるのも強み。

ただし、上海人形倫敦人形等が持つプレイ時に発生する(自動β)の効果が発揮出来ないので、上記のような活用法が無ければ幾分影が薄いだろう。
デッキ圧縮としても、デッキに2枚人形が存在しなければ効果が薄れるので符ノ壱“アリス・マーガトロイド”と比べると安定性に難がある。サーチと展開を同時に行える点を上手く活かして行きたい。

関連