※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《【連結】(ユニオン)》

参考:総合ルール10 戦術と特殊効果
IR-10.20 連結(「A」+「B」+「C」…)
  • 10.20.1 連結は特殊効果である。
  • 10.20.2 連結の本来のテキストは以下の通りである。
    • 10.20.2.a
      (自動α)〔このキャラクター、または、キャラクターではないこのカード〕)の名称は「A」、「B」、および、「C」、…、としても扱う。但し、「A」、「B」、「C」、…、がカードの名称ではなく、「~X枚」のように条件で指定される場合は名称として扱わない。
    • 10.20.2.b 
      (自動β)〔このカード〕のプレイが解決される場合、または、プレイされずに場に出る場合、〔あなたの場、手札、冥界のいずれかにある、名称に「A」を含むカード、「B」を含むカード、および、名称に「C」を含むカード、…、それぞれ1枚〕をゲームから除外しても良い。除外しない場合、このカードをゲームから除外する。但し、「A」、「B」、「C」、…、がカードの名称ではなく、「~X枚」のように条件で指定される場合はその条件に従う。
  • 10.20.3 連結の「自動β」で指定されたカードを除外しなかった場合、この効果の解決後、直ちに除外の解決が行われ、このカードのプレイ、あるいはこのカードを場に出す効果は解決に失敗する。


コメント

特殊効果の一つ。
省略されているテキストはプレイの際にカードの除外を要求する(自動β)と、場での名称についての(自動α)の二つ。

Special Collection Vol.1、並びにSpecial Collection Vol.2から登場したシステム。
基本的に同弾はプロモーションカードを除き、全てこの効果に関連したカードとなっている。

連結を持つカードは、同ノード・コスト帯のカードに比べて高いカードパワーを持つものが多いが、その代償として複数枚のカードを除外する必要がある。

カード自体の名称は「○○チーム」となっているため、素材とは別に3枚デッキに組み込むことができる。また、連結キャラは場に出ている間は(自動α)により除外したカードと事実上同じ名称であるとして扱われるため、スペルカードの術者として参照できる。
ようは、複数枚のカードが纏めて1枚のカードになるということである。


  • 指定カードの除外について(2011/03.13 修正あり)
2011/03/13より、連結による除外の解決が、それが場に出る出ないによらず「プレイが解決される場合またはプレイされずに場に出る場合」に統一された。これにより連結の効果はカードの種類に寄らず一種類になった。
挙動としての変更点はほぼ無い。
プレイ以外の方法で場に出る場合にも除外は必要である。
プレイした場合、除外できないならば効果は解決を開始しない。

つまり、除外出来なければ場に出ず禁呪の詠唱チーム(自動β)のようなCIPは機能しない。

解決開始前にプレイが無効になった場合は、カードを除外する必要はない。
また、場や手札、冥界に指定カードが存在しないなどの理由で適切な除外対象を指定出来ない場合、「解決に失敗する」のではない。IR-10.20.3に従い処理する。

  • 名称について
『名称はA(、B、およびC)としても扱う』効果は(自動α)であるため、 場に出ているときのみ有効 である。
リーインカーネイション光の三妖精チームを『手札から』除外しても、サニーミルクスターサファイアルナチャイルドサーチ出来ないし、禁忌『フォービドゥンフルーツ』光の三妖精チームを指定しても単体三妖精は除外されない。
また、冥界や手札にある連結(「A」+「B」)を持つカードは、その時点では「A」や「B」として扱われないため、連結(「A」+「B」)で除外する対象として指定することは出来ない。


なお、公式FAQにも記載されている通り、「A」や「B」は符ノ壱"A"や符ノ弐"B"であっても適正である。

  • 移動及び場に戻す時の処理について
    • 「移す効果」「戻す効果」で移動したとき、「プレイされて場に出た場合」および「場に出た場合」の処理は行わない。つまり、連結の解決の必要はない。(QA-357)
      離反工作などの場から場への移動だけでなく、冥界の、あるいは除外された連結カードを場に「戻す」場合も、連結の処理を行う必要はない。迷ひ家暗黒の深淵チームの効果で場に「戻す」場合、素材を除外する必要はない。
    • ただし、一般的なリアニメイト等の「場に出す」というテキストであるものの場合は連結の解決の必要がある。


関連


―【連結】(ユニオン)を持つキャラクターカード(括弧内は対応するキャラクター)

―【連結】(ユニオン)を持つスペルカード(括弧内は対応するカード)


―【連結】(ユニオン)に関連したカード