※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《夜符「ナイトバード」》

No.049 Spell <第一弾
GRAZE(1)/NODE(1)/COST(1) 術者:ルーミア

【幻想生物】

攻撃力(2)/耐久力(2)

夜行性、薄明活動型の鳥類はけして少なくない。それ故、闇に紛れた疑攻撃は思わぬ戦力となる。
(SP-36:夜行性の鳥は光に対して敏感に感じる組織を持ち、闇に紛れた襲撃を可能とする。)

Illustration:阿佐ヒナ(SP-36:まき

コメント

ルーミアのスペルカード
1コスト相応の戦闘力を持つ幻想生物

序盤のキャラクター展開に貢献していたのも今は昔。幻想生物のエラッタによりスリープ状態で場に出るようになった為通常のキャラクターと全く同じ性能になり、ただでさえ能力が一切無い上に蠢符『リトルバグ』のような攻撃性も無い為、今では非常に影が薄いカードとなった。
場に居て困る事は少ないが、このカードよりはずっと使えるカードが豊富にあるという意味で、かなり不遇な扱いを受けているカード。

一応、維持コストの無い幻想生物なので他のキャラクターと一緒に展開出来るメリットは残っているが、そこまでして1ターン目にキャラクターを展開しても攻撃出来るのはそれ以降なので、普通にルナサ・プリズムリバー/1弾のような奇襲速攻持ちを2~3ターン目に出して殴らせる方が遥かに有用である。

そんなこんなで散々な扱いに転落していたこのカードだが、夜符『ミッドナイトバード』の登場で夜符『ミッドナイトバード』の強化のためにこのカードを採用する意義が出てきた。



関連