※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《事故》/用語・俗語

コメント

引きたいカードが引けず、何もできない状況に陥ること。また手札が(主にマイナス方面の意味で)極端に偏ったりすること。
「手札事故」「デッキ事故」カードの種類によって「○○事故」など言う。

TCGは「確率」を避ける事が出来ないゲームなので、どのようなデッキでも重い・軽いの違いはあれど事故は起こり得る。
が、それはそれとして、「事故の起こりやすさ」はデッキの構築を考える一つの目安でもある。

例えば極端にノードの高いカードを初手に引けばまず使えないし、逆にマナの生成のような序盤以外で使い道が無いカードを終盤に引けば無駄ドローになる。
発動条件が厳しい(西行妖/1弾など)カードや単体では役に立たないカードを引きたくない状況で引いてしまえば、当然手札に腐る。
そのような事故になりやすいカード(事故要因などとも言う)をどれほど上手く扱うかはデッキを構築する上で必須となる技術である。
単にそれを排するのに執心するのも一つの戦術だが、敢えてそのようなカードを組み込む事で高い爆発力を得るような例も数え切れないほど存在する。

なお、『漫画で分かる「Vision」』において書かれているように、ノードというシステムの性質上、他のTCGの「土地事故」「マナ事故」に当たる現象は厳密にはこのゲームでは存在しない。またそれを一つの売りとしている。が、「後々に必要になる手札しかない」「ノードにした次のターンにノードにしなければ良かったと後悔」といった事は割りとあるので、それを「土地事故」「マナ事故」の一種として捕らえる事も可能ではある。

  • 手札が事故になる事を「事故る」「(手札が)事故った」などと言う事もある。


関連