※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《旧都》

No.389 Command <第五弾
NODE(4)/COST(0)
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔現在効果を発生している「ターン終了時まで」という記述含む効果1つ〕の終了するタイミングを、「次のあなたのターンのターン終了時」に変更する。

(自動β):
 メンテナンスフェイズに〔あなたの冥界にあるこのカード〕をゲームから除外しても良い。除外した場合、〔あなたの冥界にある「旧都」1枚〕を手札に戻す。

「もっと愉しませてあげるから 駄目になるまでついてきなよ!」
(PR.023:「地底に遊びに来たのかい?誰も拒みゃしないから楽しんでおいき」)

Illustration:CircleK(PR.023:影吉郎

コメント

「ターン終了時まで」の効果を「次の自分ターン終了時」に変更するコマンド。
また冥界回収能力を持つカードの一つ(詳細は紅魔館の項)。

1ターンしか効果を発揮しないカードを、0コストで最大3ターン持続させる事が出来る。

対象となるカードは多岐に渡る。中には非常に大きな影響力を持つものもあるので、それらと組み合わせる事での運用が主となるだろう。
例えば鬼符『ミッシングパワー』連携攻撃イドの怪物のような戦闘関連のカードとの相性が良い。中でも連携攻撃は非常に高い戦闘補正を与えられるので、ワンパンチで体力を削り切れずともその爆発力を次のターンに再び発揮出来る。

恐怖浸蝕のようなマイナス補正を与えるカードを持続させたり、相手の木符『シルフィホルン』などのデメリット効果を次の自分ターン終了時まで引き伸ばさせる、という使い方も出来る。上に比べると消極的なので使い所を選ぶのが難点か。

他にも、彩華『虹色太極拳』のようなルール効果も対象として挙げられる。これ以外にも開海『海が割れる日』本能『イドの解放』運命のダークサイドなど1ターンに限定されているだけに非常に高い影響力を持つカードは多い。
基本的にはそれらのカードはメリットをもたらすことが多いが、中には自分の動きを阻害するものがあることは忘れないでおこう。

このカード自体が冥界からの回収効果を持っているので、罔両『ストレートとカーブの夢郷』小悪魔/1弾に使用し続けると、大変な戦闘修正になるかもしれない。

  • 数少ない「効果」を対象に取るカード。


関連


※似たような(自動β)を持つカード