※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《運命のダークサイド》

No.384 Command <第五弾>
NODE(3)/COST(2)
効果範囲:目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果
発動期間:持続

 ターン終了時まで、〔全てのキャラクター〕が持つ戦闘修正の+を-に変更する。但し、この効果で変更された戦闘修正のみで耐久力は0以下にならない。更に、〔全てのプレイヤー〕は、ドローフェイズの規定の効果以外でカードをX枚ドローする場合、そのドローを無効とし、代わりに手札をX枚破棄する。

「全てが大きく負の方向に傾いている・・・」

Illustration:lain

コメント

各種強化カードやドロー加速に対するアンチカード

一つ目の効果は、「全てのキャラクターが持つ+の戦闘修正を-の戦闘修正にする」というもの。
戦闘修正が大きいほど与える影響は大きいため、神器などに対しては特に高い効果を発揮する。その強力なテキストもさることながら、大きな戦闘修正を得ることが強みである各種神器の戦闘修正を-に変更することで、伝説持ちの強力なキャラクターを低ノードキャラクターが戦闘で勝利できるようになる。

また、伊吹 萃香/1弾およびその壱符弐符符ノ壱“パチュリー・ノーレッジ”ルナサ・プリズムリバー/1弾のような高い戦闘修正を得ることが前提のキャラクターにも効果的。
テキストリニューアルに伴いこのカードだけで耐久力を0にすることは出来なくなったが、それらのキャラクターの場合大抵耐久力を1まで減らすことが出来るだろう。

二つ目の効果は、ドローの効果を無効にし、代わりに手札をその枚数分破棄させる、というもの。
相手のドローカードに干渉して使えば強力なハンデスとなる。例えば強引な取引干渉して使えば、相手は合計三枚分の手札を失うことになる。
また、裏取引では四枚分にもなる。歴史創造にも有効なので、相手のデッキ次第では戦略をズタズタにできる可能性もある。

コストは2、と軽くもないが重くもない。
欠点をあげるとしたら、相手に依存する、ということだろうか。
相手がドローカードや各種装備カードを使わなければ、このカードは完全に腐ることになる。
同じノードで比べると、強引な取引も無効にでき、他のコマンドも無効にできる作戦阻止には汎用性で劣る。
もっとも、ドローカードを使わないデッキは多くないため、腐ることは殆どない。

修正を-にする効果も合わせれば、とても使いやすく、かつ強力なカードと言えるだろう。

  • ただし、いずれの効果も、自分も受けることに注意。
  • 悲運『大鐘婆の火』干渉でプレイした場合は処理が若干複雑。プレイヤーAの悲運『大鐘婆の火』干渉でプレイヤーBがこのカードをプレイし、解決した場合は次のような処理になる。
    • 1.X=(Bの手札枚数)-(Aの手札枚数)を決定する。
    • 2.AはX枚のドローする代わりに、手札をX枚破棄する。ただし手札がX枚未満である場合、効果の解決に失敗し1枚も破棄しない。


公式Q&Aより

  • Q184.No.384 運命のダークサイドの効果によって手札をX枚破棄する場合、この破棄はNo.384 運命のダークサイドの効果による破棄か、元のXドローを発生させたカードの効果による破棄か、どちらとして扱いますか?
  • A184.No.384 運命のダークサイドの効果によってXドローが無効になり手札を破棄するため、No.384 運命のダークサイドの効果による破棄として扱います。


関連