※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《宏観前兆》

No.375 Command <第五弾
NODE(1)/COST(1)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 目標の〔プレイヤー1人のデッキの上のカード3枚〕を見て、あなたの任意の順番でデッキの上に戻す。その後、〔あなた〕は1ドローする。

「もうすぐ大きな地震が起きる 私はそれをみんなに伝えてるだけ」

Illustration:CircleK

コメント

読みは「こうかんぜんちょう」。
1ドローが付くデッキ操作カード。

結果だけ見れば「デッキの上3枚から好きな1枚を手札に加え、残りを好きな順でデッキの上に戻す」効果となっている。

香霖堂よりもデッキを見られる枚数が少ない。
だがノードが1低く、残りのカードを冥界に送らない為純粋な情報としてデッキ操作を生かせる。また手札に加えたカードを相手に知られる事も無い為、情報を相手に与えないという意味でもこちらの方が優秀である。
一方で、不要だったカードも必ずデッキの上に戻り、香霖堂のように破棄することが出来ない為デッキ圧縮としての意味合いが薄れ、レイラ・プリズムリバー呪精などの冥界利用のサポートとしても向かなくなっている。
さらに、「手札に加える」ではなく「ドローする」であるせいで運命のダークサイド朱鷺色の妖怪/3弾の効果が適用されてしまうというネックもある。
サーチカード、ドローカードとしての有用性を削って汎用性をあげたカードだといえる。一長一短なので、必要な方を採用すると良いだろう。

また、相手プレイヤーのデッキも目標にできるのも特徴である。
マナチャージのようなデッキの一番上のカードを使用にする効果に干渉してプレイし、重要なカードをノードに送らせるという攻撃的な運用方法も可能。
その場合も、このカードのプレイヤーが1ドローするのでアドバンテージを失い辛く、状況に応じて使い分けられる汎用性の高さを生み出している。
なお、こちらがこれの効果で相手のデッキを見ても、相手はその中身を確認できない。これによる情報アドバンテージも、プレイング次第では活用可能だろう。

  • 「その後」の効果であるため、「目標の〔プレイヤー1人のデッキの上のカード3枚〕を見て、あなたの任意の順番でデッキの上に戻す」が実行できなかった場合、1ドローすることは出来ない。
  • 目標とするのは「プレイヤー1人」ではなく「プレイヤー1人のデッキの上のカード3枚」である。よって、プレイヤーに「対象(目標)にならない」効果が適用されていても、そのプレイヤーのデッキの上のカード3枚を目標にプレイすることは可能
    • 逆に、閉ざされた瞳などによりデッキそれ自体に「対象(目標)にならない」効果が適用されている場合、そのデッキの上のカード3枚を目標にプレイすることは出来ない。相手プレイヤーのデッキの上の3枚を目標にこれをプレイし、相手が干渉閉ざされた瞳をプレイし解決した場合、宏観前兆は解決に失敗し何も効果を発揮できない。


公式QAより

  • Q114.「目標の〔プレイヤー1人のデッキの上のカードX枚〕」といった目標を指定する効果は、その効果の解決前にデッキの上のカードが破棄されるなどして指定した時と異なる状況になった場合、目標として不適切となり、効果の解決に失敗しますか?
  • A114.いいえ、解決することが出来ます。目標となるのはあくまで「指定されたプレイヤーの山札の上のカードX枚」にあるカードのため、効果の解決時にデッキにX枚以上のカードがある場合は目標として適切です。
    一方、「プレイヤー1人の冥界にあるカードX枚」や「ノードX枚」などを目標とする場合、具体的にどのカードを目標とするのかを最初に指定するため、解決時に指定されたカードが存在しない場合は目標不適切として解決に失敗します。
    • コメント
      • 強引な取引などをプレイするなどしてカードが2枚未満にならない限り、解決には成功するようだ。


関連