※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《抑制「スーパーエゴ」》

No.366 Spell <第五弾
NODE(3)/COST(1) 術者:古明地 こいし
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔あなた〕はライフポイントをX支払う。その後、目標の〔キャラクター1枚〕を決死状態にする。Xは目標のキャラクターの必要ノードの値に等しい。この効果では必要ノードの値が「-」の場合、5として扱う。

イドを抑制した、心の規範。

Illustration:仄柑

コメント

古明地 こいしのスペルカード
ライフと引き換えに低ノードで死符『ギャストリドリーム』と同等の効果を得られる。

人界剣『悟入幻想』と同じノード・コストであらゆるキャラクターを除去出来る為ノードに優しく、特に早いデッキではその耐久4以上あるブロッカーが出された場合でも速やかに除去出来る汎用性が大きな武器となる。

逆に、ある程度後になってくるとそのライフコストがネックとなる。
いくらコストが低くともキャラクター一体を除去する為に8点以上ライフを失うのはかなり痛く、また本来人界剣『悟入幻想』で気軽に焼けるようなキャラでもライフ2~4点のコストが付随し、専門のカードに比べ使い勝手がかなり悪くなる。

その高い汎用性に比べればリスクとして安いとは言え、安易に使うのは命取りになりやすいのは注意が必要だろう。
逆にどれだけライフを失っても最終的に相手のライフを先に削り切れるような攻撃的なデッキならば、非常に心強い除去カードとなるはずである。


関連