※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》

No.271 Spell <第四弾
NODE(5)/COST(3) 術者:蓬莱山 輝夜
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:装備

【装備】 神器

(自動β):
 〔このカード〕のプレイは無効にすることが出来ない。

(相手ターン)(1)(S):
 〔あなた〕は〔相手キャラクター3枚〕を選び、5ダメージを振り分けて与える。但し、振り分けるダメージの最低値は1とする。

攻撃力(+3)/耐久力(+2)

神の使いである龍が持つとされる、5色に輝く玉。

Illustration:たまきふゆ

コメント

蓬莱山 輝夜のスペルカード
カウンター耐性を持つ神器である。

まず目に付くのが戦闘修正の小ささである。
神器でありながら、その上昇値が神具『洩矢の鉄の輪』よりも更に低いにもかかわらず、プレイコストは他の神器と同じ水準の(3)。キャラクターの強化目的で用いても、ほぼそれらの下位互換にしかならない。

したがって、起動効果を目当てに運用することになるだろう。
5ダメージを振り分けるわけだが、「対象を必ず枚選ばなくてはならない」「最低値が1」なので、実質的に『3・1・1』か『2・2・1』のどちらかの組み合わせを選ぶ、と書いてあるのに等しい。
複数のキャラクターを焼ける、キャラクター効果による除去なので妨害され辛く、露払いとしてそれなりに便利である。
しかし、相手ターンにしか使えず、ダメージに小回りが効かず、スリープする必要がある、と使い勝手の悪さは否めないだろう。
往々にして、伝説持ちキャラクターであれば攻撃した方が良い場面の方が多いからだ。

と、このように単体の性能だけみれば微妙な神器だが、このカードには「術者が「蓬莱山 輝夜」である」という大きなメリットがある。

それでも難題『仏の御石の鉢 -砕けぬ意思-』の方が使い勝手は良いが、こちらは除去効果が輝夜自身の効果による永琳をサーチする能力と相性が良いので、デッキによってはこちらを優先して使っても良いだろう。

  • 結局は神槍『スピア・ザ・グングニル』ほどの爆発力やシナジー性には遠く及ばないのが悲しい所だが。
  • 対象として選択する3枚のキャラクターは、重複して選択することは出来ない。なのでこのカードの効果によるダメージの最大値はどう頑張っても3となる。
  • タイミングが(相手ターン)であるのも注目すべき点。サニーミルクマナチャージ干渉や相手アタッカーの攻撃に干渉して征服の果てにを撃ちながら放火してみてもいい。
  • 09/09/01付のエラッタにより、プレイを無効に出来ない効果が(自動α)から(自動β)となった。
    • (自動α)である場合、場に出てなければ効果は適用されないため、プレイエリア上では効果を持たない事になる。このためプレイを無効に出来てしまっていた。


関連