※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《いぬさくやといっしょチーム》

PR.076 Character <PRカード
GRAZE(2)/NODE(4)/COST(2) 種族:吸血鬼/獣

【デッキ1枚制限】 【連結(「レミリア・スカーレット」+「いぬさくや」)】

速攻 先制

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を手札に加える。

(自動γ):
 〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔あなたの手札全て〕を破棄する。その後、〔あなたのデッキ〕を全て見て、任意のカード1枚を抜き出し、手札に加える。その後、デッキをシャッフルする。

攻撃力(4)/耐久力(3)

「さくやは、行き先が分かってるのかしら」
「わんわんわわんわん」

Illustration:ネジキリオ


コメント

【連結】(ユニオン)を持つカードの一枚。
符ノ壱“十六夜 咲夜”が速攻とれみにゃ戦術運命操作を内蔵するとこうなる。

連結にしては少々戦闘力が乏しい。しかし、速攻先制を持っているので序盤での攻めも守りもこなせる万能キャラだろう。似たような戦術を持つ霧雨 魔理沙/1弾とは違い、紅魔館地霊殿で焼かれないのも魅力。(自動β)により、このカードをプレイしても手札が減らないのも見逃せない。
だが、連結であるという点と(自動γ)がとにかく足を引っ張っている。元々使い所を選ぶ運命操作とほぼ同じ効果なのにも関わらず、決死状態になると有無を言わさず発生してしまうので、有利だと思っていたらこのカードを倒されただけで一気に不利になってしまった…という事もある。

いぬさくやにあった名称を「十六夜 咲夜」として扱う効果は失われているため、このカードは連結の効果により「いぬさくやといっしょチーム」「レミリア・スカーレット」「いぬさくや」としてしか扱われていない。そもそも本来の名称に「いぬさくや」が含まれている為、実質「いぬさくや」として扱われている効果は無いと考えていい。

よって、このカードを使うのならばレミリア・スカーレットの持つ強力なスペルカードを使っていきたい。レミリアとして扱うカードにはレミリア・スカーレット/5弾れみにゃといった低ノードカードもあるが、揃ってスペルカードをプレイ出来なくなるという強烈なデメリットを持っている。
連結には豊富なサポートカードが揃っているので、このカードを出す手段には困らないだろう。

…が、連結元のいぬさくやは強力な自己再生効果を持つので、それを犠牲にしてまでこのカードを使う必要があるかは微妙である。



公式Q&Aより

  • Q271.「全て」が対象の効果で対象が0の場合、その効果は対象不適切として扱いますか?
  • A271.いいえ、「全て」という対象は特に最低枚数が指定されていない場合、0でも適切な対象として扱います。例えば「No.064 マスタースパーク」は場にキャラクターが1枚も居ない場合でも対象として適切のため、効果を解決します。
    • コメント
      • (自動γ)は運命操作とは異なり、手札が0枚でも良い。


関連