※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《紅符「スカーレットシュート」》

No.215 Spell <第三弾
NODE(4)/COST(2) 術者:レミリア・スカーレット
効果範囲:複数の効果を持つカード
発動期間:瞬間

 以下の効果から1つを選んで解決する。

1.目標の〔キャラクター1枚〕に5ダメージを与える。
2.〔あなた〕は(2)支払う。その後、目標の〔キャラクター3枚〕に2ダメージを与える。

夜の闇を紅に染める。

Illustration:lain

コメント

レミリア・スカーレットのスペルカード
単体/複数を選択可能なダメージスペル。

一体に5点というダメージは、良くデッキに用いられる主要な軽量~中堅キャラの多くをカバー出来るかなり頼もしい水準で、さらにコストを追加で払う事で軽量キャラを複数焼く事が出来る汎用性も持つ、非常に高いポテンシャルを持つ。

ただ、サニーミルク/1弾符ノ壱“霧雨 魔理沙”等の主要な低耐久キャラをピンポイントに焼くのに向いた人界剣『悟入幻想』フランドール・スカーレット/1弾レミリア・スカーレット/1弾などの大型キャラクターを除去するのに向いた死符『ギャストリドリーム』などと並べるとどこか半端で、ここぞという局面で痒い所に手が届かないという印象が強い。
コスト、ノード共にお世辞にも使いやすいとは言えない為、漫然と採用するより、何らかの目的意識を持って採用したい所だろう。

サマリー変更に伴い、1と2を選ぶ選択はプレイ時に行わなければならなくなった。
また1の効果が目標を取るようになった為八雲 藍/1弾夢符『二重結界』に防がれるようになり、実質的には弱体化に等しい。

  • 2を選んだ際の(2)コストは、術者がいても払う必要がある。また、選択する3体のキャラクターは重複して選んではならない。
  • 宣言時に2を選択し、解決時に場に3体以上キャラが存在しない場合、追加の(2)コストを払った後「ダメージの解決に失敗」して不発となる。ミスティア・ローレライ/1弾の自壊や大妖怪降臨等には一応注意。
  • 2008年5月2日より、ルールサマリー加筆に伴うテキスト変更が加えられた。


関連