※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《秋 穣子》

No.159 Character <第三弾
GRAZE(1)/NODE(2)/COST(1) 種族:神

(自動γ):
 あなたのターン開始時に〔あなたの手札〕が5枚以上ある場合、目標の〔あなたのノード1枚〕をアクティブ状態にしても良い。この効果は重複しない。

攻撃力(1)/耐久力(2)

「うん、秋と言えば当然お芋よね」

Illustration:lain

コメント

豊穣を司る八百万の神様で秋 静葉の妹。
ターン開始時にノード1枚をアクティブ状態にする効果を持つ。

効果は条件さえクリアしていれば、場に存在するだけで効果を発揮し続ける。
スリープ状態のノードをアクティブにする手段は限られ、アクティブノードが多ければその分コストの支払いに有利になる為、上手く機能すれば強力な効果である。

反面、使用条件が非常に厳しく、ターン開始時に手札が5枚無ければ効果を発揮できない。
慢性的に手札が不足しがちなこのゲームで、しかもドローフェイズより以前に条件を参照する為、常に手札5枚以上をキープする必要がある。
また複数のこのカードを出しても効果が重複しないので、厳しい条件をクリアし続けた所で大きくアドバンテージを得られないのもネック。

単純にノードをアクティブにしたいだけなら、後出の豊作『穀物神の約束』の方が相手にまでメリットを与えてしまうものの強力かつ手っ取り早いので、持続的にノードをアクティブにし続けられる点を生かした採用が必要となるだろう。
凍結はその最たる例だが、それもこのカード自体の厳しい条件をクリア出来る場合の話であり、下手に組み合わせて維持コストに追われる事は無いようにしたい。

その性質上、実質的な手札消費無しでプレイ出来るカードとの相性が良い。
各種人形符ノ壱“アリス・マーガトロイド”符ノ壱“十六夜 咲夜”犬走 椛/3弾辺りだろうか。
他にも単純に手札の枚数を増やす強引な取引兎符『開運大紋』なども駆使して、何とか手札を5枚以上キープしたい所。


関連