※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《小槌「大きくなあれ」》

No.1427 Spell <第十五弾
NODE(3)/COST(2) 術者:少名 針妙丸
効果範囲:目標のカードに及ぶ効果
発動期間:持続

抵抗(1)

 ターン終了時まで、目標の〔本来の攻撃力が1~3のあなたの場のキャラクター1枚〕の戦闘力は本来の戦闘力の3倍に変更される。

打ち出の小槌の力でひ弱な者を巨大化させる。

Illustration:里村響

コメント


少名 針妙丸のスペルカード。 小型キャラクターを大きくする。

キャラクターの戦闘力を強化するカードとしては修正値が固定ではなく3倍に変更なので法灯『隙間無い法の独鈷杵』などのことを考えると攻撃力2以下のキャラクターに使ってもコストパフォーマンスはよろしくない。一方で攻撃力3のキャラクターに使用した場合は攻撃力9に変更され、鬼符『怪力乱神』に並ぶほどの強化が可能。あちらは耐久力の減るデメリットがあるので元々ある程度の戦闘力があるキャラクターをさらに強化するカードであるのに対し、こちらはフレーバーテキスト通りひ弱な者を強化するのが主な運用となる。
  • イラストに少名 針妙丸が描かれていて目標がほぼ同じである天邪鬼の虚妄との相性は非常によく、元々の攻撃力が3のキャラクターに両方プレイすれば12+12=24点もの戦闘ダメージを与えることも可能。

また本来の攻撃力が1~3であれば耐久力は問わないので、攻撃力を耐久力と同じにするお月見や攻撃力と耐久力を入れ替える波符『赤眼催眠(マインドシェイカー)』逆符「鏡の国の弾幕」とはシナジーがある。


他の戦闘修正を与えるカードなどと組み合わせて使用する際は最終的な戦闘力がいくつになるのかで揉めないようにルールを確認しておきたい。→戦闘修正

戦闘力の変更であるため運命のダークサイド鍵山 雛/11弾の効果の影響を受けないのは他の強化カードにない利点である。


関連