※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《幻想生物》/用語・種類


定義

〔このカード〕を、あなたの場にスリープ状態でセットする。
このカードは場にセットされた場合、以降、キャラクターとして扱う。
2009/10/01 改訂

コメント

プレイするときはスペルカードとしてプレイされ、プレイした後は「キャラクターでもあるスペルカード」として自分の場に残り続ける。

  • キャラクターのプレイでは無いので、キャラクターカードは1ターンに1枚しかプレイできないというルールに制限されない。
  • 維持コストを必要とする場合があるが、術者がいれば必要ノード・コスト同様、無視出来る。
  • 場に出た後も、必要ノード、コストはカードの記述に順ずる。また、種族は「なし」である。

スペルカードであるため瞋怒ではプレイを無効に出来ないことに注意。
幻想生物のプレイを無効にしたい場合はディゾルブスペル魔力掌握を使おう。

場に出るまではキャラクターとして扱われないため、黄泉の舟秘密結社のような「キャラクターカードを対象にしたカード」の対象には出来ない。
魔法研究想起『テリブルスーヴニール』のような「スペルカードを対象にしたカード」の対象に出来る。

場に出てしまえば「キャラクター」となるので、【装備】や【呪符】をセットすることも可能である。

  • ルール改定エラッタ前はアクティブ状態で場に出る為、『幻想生物である』というだけで一つのステータスだった。
  • 2009/10/01のルールリファレンス改訂により、パペットリッター『百万鬼夜行』で生成される裏向きのキャラクターなどのように「場にセットする→それ以降、キャラクターとして扱う」ことになった。以前は「場に出す時」すでにキャラクター扱いであったため、空間操作の影響を受けたが、この改訂により場に出るまではキャラクター扱いされなくなったため、幻想生物をプレイすることでは空間操作による「新たにキャラクターが場に出ることで~」という効果は適用されないようになった。


公式Q&Aより

  • Q281.キャラクターカード以外のカードがキャラクターとなった場合、そのキャラクターが持つ効果はキャラクター効果であり元の種類のカードの効果としても扱われますか?
  • A281.はい、扱われます。例えばスペルカードである「幻想生物」が場に出た後、その「幻想生物」が持つ効果はキャラクターの効果であり、スペルカードの効果でもあるとして使います。
    • コメント


関連


【幻想生物】を持つカード(第十二弾現在)