※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《堀川 雷鼓》

No.1400 Character <第十五弾
GRAZE(3)/NODE(8)/COST(2) 種族:妖怪

速攻 先制 貫通 抵抗(3)

(自動β):
 〔このキャラクターカード〕をプレイする時、このキャラクターカードの必要ノードを-Xしてプレイすることができる。Xは相手プレイヤーの冥界にあるコマンドカードの枚数に等しい。

(自動β):
 〔このキャラクターカード〕が冥界にある場合、〔あなた〕はコマンドカードをプレイ出来ない。

(自動γ):
 〔相手プレイヤー〕がコマンドカードをプレイした場合、ターン終了時まで〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのカードの効果の対象にならない。

攻撃力(8)/耐久力(4)

「ざーんねんね、私はただの道具に戻る気なんて毛頭無い。それにもう手遅れよ、私は呪われた小槌の魔力を抜いて魔力を取り替えたの」

Illustration:せとらん

コメント

東方輝針城のEXTRAボス、夢幻のパーカッショニスト。
速攻先制貫通抵抗と四つもの戦術、攻撃的なステータスに加えて、ノード軽減効果と条件付アンタッチャブル効果も持ち、まさにフィニッシャーである。ただしデメリット効果があまりにも大きい。

先制貫通と攻撃的なステータスに、高い必要ノードを軽減できる効果を持ち、中盤以降に活躍できる。さらに3つ目の効果によって条件はあるが強力な耐性を得ることができる。

しかし、目を引くのはその強烈なデメリット効果である。
冥界に一枚落ちただけで、VISIONを構成する3つのカード種類のひとつ、干渉合戦や手札、ノード加速など様々な行動ができるコマンドカードが一切使えなくなるというものであり、一般的なデッキだと行動の幅が激減する。
このカードを採用するならこのデメリットとどう付き合うかを考えたデッキ構成にするべきである。例えばあらゆるカードを使って場に出したこのカードを守り抜く、冥界に落ちたこのカードを速やかに別の領域に移す、結界『生と死の境界』地獄といった冥界に落とさないカードを利用する、そもそもコマンドカードをほとんど採用しないといった方法がある。

このように強力なキャラクターではあるが癖が強い玄人向けカードではあるといえる。

関連