※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《少名 針妙丸》

No.1399 Character <第十五弾
GRAZE(1)/NODE(8)/COST(2) 種族:小人

加護(5) 抵抗(5)

(自動α):
 〔あなたの場のキャラクター全て〕は相手プレイヤーの冥界にあるコマンドカードの枚数によって以下の効果を得る。
  ・2枚以上…「警戒」 ・4枚以上…「戦闘修正:+3/+3」
  ・6枚以上…「隠密」
  ・10枚以上…「(自動α):〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのカードの効果の目標にならない。」

攻撃力(3)/耐久力(1)

「貴方の様な生まれつきの強者は力を得る喜びを知らないのね」

Illustration:皆村春樹

コメント


超有名なおとぎ話の主人公である「一寸法師」の末裔で、VISION初の種族の種族:小人を持つ輝く針のリリパット。

ノードの高さの割りに戦闘力が低いが、加護(5)抵抗(5)を持ち場持ちは良いほう。しかし、やはり素の状態では厳しいので活躍させるなら(自動α)を生かすしかない。

(自動α)は相手の冥界にあるコマンドカードの数に依存した全体支援効果。
2枚以上で警戒を付与する。強力な戦術を自分の場のキャラクター全てに付与出来るので非常に便利。
4枚以上で「+3/+3」の戦闘修正を付与する。小人らしい貧弱な戦闘力を補えるので、最低でもここまでは適用させたい。無論、周りにもこの戦闘修正を与えられるためエンドカードとしても強力。
6枚以上で隠密を付与する。希少な種族の自身はもちろん、デッキ構成によっては他のキャラクターも非常に防御され辛くなるので上記の戦闘修正と相まってゲームエンド級の効果を発揮できる。警戒のお陰で隙も無い。
10枚以上で相手のカードの効果の目標にならなくなる除去耐性を付与する。自分の場のキャラクター全てが古明地 こいし/5弾と同等の耐性を得る事になるので強烈である。加護の隙を突くスペルカードは目標を取る除去が多いので、さらに場持ちが良くなると考えて良いだろう。もちろん、目標を取らない除去も少なくないので過信は禁物。

このカードをプレイする段階ならば二つ目の効果までは何もしなくとも適用される場合が多いが、それ以上となると「幽谷 響子」や響子関連のスペルカード等でデッキを削ったり、ハンデスする事でコマンドカードを落とす等の工夫が必要となるだろう。勿論、自身のスペルカードである妖剣『輝針剣』で直接コマンドカードを落としてやってもいい。
ただしあくまで相手依存の効果である。相手が水符『テイルフィンスラップ』を使うノンコマンドデッキや地獄を軸に戦うデッキであればパフォーマンスの悪い貧弱なキャラクターに成り下がるので、ある程度の割り切りは必要。

他にもノードに比べコストが低いのは大きな利点であり、リザレクション挑戦者現る!等と相性が良い。特に挑戦者現る!ならばそのまま攻撃出来るので、相手の冥界のコマンドカードの数と自陣のキャラクターにもよるが総攻撃で勝利まで持っていけるかもしれない。また、素の攻撃力が低く自身で戦闘力を強化出来るので天邪鬼の虚妄とも相性抜群。
霊符『古き地縛霊の目覚め』との相性も抜群。本来の耐久の低さ故にたった1点しかダメージを受けずコマンド4枚以上が適用されていれば周りも強化されて出てくる。このカード3枚を蘇生できれば3点ダメージで12/10が3体並ぶという悪夢のような展開に。

いずれにせよ単体で活躍させるのは難しいので、自分の場にキャラクターが出揃ってからそれらを支援する形で場に出すのが望ましい。

関連