※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《反転攻勢》

No.149 Command <第二弾
NODE(5)/COST(3)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

 〔このカード〕は相手キャラクターの攻撃に対する直接の干渉でのみプレイできる。〔あなたのデッキ〕をすべて見て、キャラクターカード1枚を抜き出し、スリープ状態で場に出し、そのキャラクターで防御する。この効果で場に出たキャラクターは以下の効果を得る。

「【(自動γ):
  このターンの終了時、〔このキャラクター〕を決死状態にする。】」

「妹の遊び相手に丁度いいかしら?」
(SP-38:「甘いわ!そこの紅白!」)

Illustration:ニュー速回線(SP-38:イチオ

コメント

キャラクター1枚をデッキから場に出し、防御させるカード。
呼び出したキャラクターはターン終了時に決死状態となる。

普通に大型キャラクターを場に出して防御するだけでも、死符『ギャストリドリーム』と同等のコスト。場にいないキャラクターを呼び出せる上コマンドカードであるため奇襲性に優れ、どれほど重いキャラクターを呼び出してもコスト3で済む。
しかし、術者によるコストの無視が出来ないし、カードアドバンテージを失うためホイホイ使えるものではない。

また、あくまで戦闘をさせるだけなので、場に出すキャラクターが攻撃キャラクターよりも強くなくては意味がない。
レミリア・スカーレット/1弾のような優秀な戦術を持つキャラクターや夜の王のようなコマンドカードによる強化で、出したキャラクターが一方的に決死状態にされてしまうという可能性が拭い切れないのもネックである。

デッキから直接場に出せるのでサーチ手段としても優秀だが、ターン終了時に決死状態になること、相手が攻撃しなければプレイ出来ない確実性に欠けるというのもマイナス。

よって、使う際にはパチュリー・ノーレッジ/1弾小野塚 小町/1弾西行寺 幽々子/1弾魂魄 妖忌/1弾即死持ちなど、戦闘力が非常に高いか、なんらかの効果を持ち、確実に除去出来るキャラクターを用意しておくというのも手だろう。

西行寺 幽々子/1弾藤原 妹紅/1弾などは自身の能力でフォロー出来、前者は優秀なスペル群、後者は竹林の火事など、どちらも特定デッキで必要となるコンボ要員としての意味合いが強いので、比較的このカードと相性が良いと言えるだろう。

それ以外のキャラの場合は、冥界にいる事が条件となるカードで無い限り秘密結社リザレクション風祝の奇跡と組み合わせる必要があるが、どちらにしろ相手の攻撃宣言に依存しているのは変わらないため、あくまで選択肢の一つ程度に考えておくと良い。
逆に上述のカードのうちいずれかを持っていれば、コスト3のサーチカードと言えなくもない。

〔このカード〕は相手キャラクターの攻撃に対する直接の干渉でのみプレイできる
という記述にも注意しなくてはいけない。反転攻勢をプレイするということは、他のキャラクターで防御を行うことが出来なくなるということ。
この流れについては干渉の項目で白玉楼の幻闘を例に説明されているのでそちらを参照されたし。

  • 反転攻勢のプレイが解決されるまで、キャラクターは場に出ない。嫉視する夜叉などのコマンド除去に強い一方、カウンターに弱い。
  • エラッタにより、場に出たキャラクターがターン終了時に決死状態になるように。
  • 効率は微妙だが、ターン終了時に決死状態になるので、呼び出した後にキャラクターが生き残っているならばリーインカーネイションを使い、デッキから手札に加えてしまっても良いかもしれない。


関連