※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《チルノ》

No.1380 Character <第十五弾
GRAZE(1)/NODE(4)/COST(1) 種族:妖精

(自動β):
 〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔相手プレイヤーの手札〕を全て見て、キャラクターカード1枚を選び、裏向きにして相手プレイヤーの場にアクティブ状態でセットする。以後、そのカードはキャラクター「氷像(GRAZE0、0/3、種族:なし)」として扱う。

攻撃力(4)/耐久力(2)

「いつまでもこそこそ逃げてんじゃないよ!」

Illustration:茶葉

コメント

自称最強妖精が再びリメイク。フレーバーテキストから察するに三月精との決戦前のようだ。

その効果である(自動β)は裏向きカード生成。前回のチルノ/11弾と似ているが、その違いは対象が場から手札のキャラクターカードに変わったところである。
相手の場に出てきてしまう氷像も前より少し固く0/3となっているが、このカードの攻撃力が4と単体で突破可能である。相手としてはどうしろと言いたくなるだろう。

そして最大の違いは、この氷はほったらかしても溶けないこと。「凍った」キャラクターが表向きになったり、自然に手札に戻ってくることはない。
要はピーピング+限定的なハンデスが4ノード1コストで行える上にキャラクターが残るということ。ピーピングハンデス付きの大先輩にあたる射命丸 文/5弾が4ノード3コストとかなりコストが重いことを考えると、抱き合わせ前提のコストパフォーマンスの中でもかなり軽いといえるだろう。
ただしその大先輩は先制持ちの3/4、さらにキャラクターカード以外も選べて相手の場に禍根を残さず確実にアドバンテージを得られる。対するこちらは本体が4/2とミステリアスジャックに引っかかるスペックであり、また空振りの可能性もある。プレイしたら相手の手札のキャラクターは西行寺 幽々子/14弾だけで、再起動が隣にありました、などという裏目も考えられるため、過信は禁物である。

とはいえ4ノードで攻撃力4の1グレイズという及第点以上のアタッカーに強力な効果と活躍できるポテンシャルは十分以上にある。自称とは言え最強の妖精は伊達ではなかった、というところか。


関連