※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《わかさぎ姫》

No.1376 Character <第十五弾
GRAZE(1)/NODE(3)/COST(1) 種族:妖怪

(自動γ):
 〔あなた〕がスペルカードをプレイしたターンの終了時、〔あなた〕は1ドローする。

攻撃力(3)/耐久力(3)

「「いつも無視するんだもん。そろそろ私達の出番があってもいいでしょ?」

Illustration:仄柑

コメント

霧の湖在住、草の根妖怪ネットワーク所属の人魚姫。

(自動γ)によってスペルカードを唱えることでターン終了時に1ドローできる。
システムキャラクターとしての宿命か、耐久力は3とやや場持ちに難があるが、生き残ればドローエンジンとして活躍できる。
なお、「この効果は重複しない」のテキストが無いため複数枚並べるとその数だけドローできる。ドローでスペルカードを引き込める期待値は上がるので、手札は加速度的に増えるだろう。
時符『プライベートスクウェア』式符『飛翔晴明』響符『パワーレゾナンス』といった自己回収効果を持つスペルとのシナジーも優秀。逆転『リバースヒエラルキー』でこれらのスペルカードを相手ターンにもプレイすれば、オーバーキルレベルのハンドアドバンテージ獲得にもつながる。
妖怪なので、夜雀『真夜中のコーラスマスター』妖魔夜行に対応しているのは大きい。この手のキャラクターはとにかく見たら焼けと言わんばかりに除去の的になるので、たくさん呼び出して、増えた手札を使って守ってやると良いだろう。術者であるスペルはコマンドカード投入を躊躇わせるカードだが、このカードは単体でもある程度のドローが期待できるのも評価できる。

  • ドローは強制である。ゲーム終盤には枷になりかねないので注意。


関連