※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《『無何有浄化』》

No.1346 Spell <Arcane Magic Vol.1
[ NODE/COST(Nullity)] 術者:上白沢 慧音(白沢)
効果範囲:プレイヤー、手札、デッキ、冥界に及ぶ効果
発動期間:瞬間

【ラストワード】

 〔全てのプレイヤーの冥界にあるコマンドカード全て〕をデッキに戻し、シャッフルする。その後、〔相手プレイヤー〕は〔自分の場のカード、及び手札を合わせてX枚まで〕を選べるだけ選び、破棄する。Xはこの効果で相手プレイヤーがデッキに戻したカードの枚数から、あなたがデッキに戻したカードの枚数を引いた値に等しい。但しXの最低値は1とする。

(自動β):
 〔このカード〕が手札から破棄された場合、〔あなた〕は〔アクティブ状態のノード1枚〕を選び、破棄する。

理想の未来を生み出す為に、全ての過去を消し去る。

Illustration:三日月沙羅

コメント

上白沢 慧音(白沢)の【ラストワード
転生『一条戻り橋』の様にカードを戻してから解決する効果を持つ。

お互いの冥界にあるコマンドカードを全てデッキに戻し、相手が自分より多く戻した枚数分、手札または場のカードを破棄させる。
X枚まで選べるだけ選ぶので差が開きすぎても失敗することはなく最低でも1枚は破棄することが可能だが、破棄するカードを選ぶのは相手なので望むカードを破棄させるには大きな差をつける必要があり、除去としての信頼性は非常に低い。
また効果は相手のデッキに依存し、序盤は効果が薄いなど使いづらさが目立つ。より多く破棄させるには山焼きで相手の冥界にコマンドカードが増えることを期待したり、転生『一条戻り橋』で自身の冥界のコマンドカードを減らす、そもそもコマンドカードを使わないなどこちらのデッキ構築も意識する必要がある。

(自動β)はこのカードが手札から破棄された場合の効果。アクティブノード1枚破棄する。
この手の効果にしては珍しく相手の効果によって破棄される必要がないので、緑眼のジェラシー裏取引などで破棄してもよい。破棄されたこのカードを見てからでは干渉することができないので、ほぼ確実にノードを1枚減らすことができるだろう。ただしこの効果は強制なので緑眼のジェラシーなどに干渉された結果、相手のスリープノードがなくなってしまった場合はノードを破棄するのは諦める必要がある。また、自身にアクティブ状態のノードがある場合にはこのカード以外のカードを破棄することも考えなければならない。

  • 読みは「むかうじょうか」


関連